スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏亭 津島店

名駅・坦坦麺で検索すると、ドラゴンバンブーと並んで必ずヒットする有名店。
名古屋方面に昼飯に出かける機会がほとんどなく、2度しか行ったことがありませんが、ここの汁なし坦坦麺はお気に入りでした。
それから一年。ふと通りなれた道の前を通ると。。
カラオケ店だったところが閉店し、なにやら料理屋さんの工事をしていました。

あ~、またお気軽ランチ系中華料理でもできるんだなー・・・ん?杏亭??
まさか~~、多分同名なだけだろう・・・ん~~~、四川料理の看板。。。そこまでかぶるなんて

と、そのときは片隅にとどまるだけでしたが、どうにも確認しないことにはいられず、機会を見てランチに出かけました☆

結果、お店は数日後OPENの工事中でしたw

小雨の降る中、店の横を通り過ぎようとする同僚運転手・・・「ちょっとまってて」

「すみません、いつからOPENですか?」

「25日からですー」
「ちょっと早かったですねw」

とかるくつかみを入れつつ、本題に!
「ところで、お店の名前ですが、名駅の有名店の、あの店ですか??」
「そうですよ~~(あっさりw)」
「おおおおお!楽しみにしてます」

会社から杏亭まで気楽にこれる距離。
果たして、本店と味が同じか否か・・・!

杏亭店構え
「店構え」
日を改めて
本店より広くてゆったり感があります


過去の記憶を引き出しのおくから出しつつ、即、汁なし坦坦麺のランチを注文☆


汁なし淡々
うまかった~~♪♪
独特のピリ辛さがありますが、どちらかというと、ゴマとミンチが絡んで甘辛い味。
それでいて、コクが余韻に残る・・・美味なり!
ドラゴンバンブーと味の系統は同じですが、こちらのほうが辛くありません。

本店と同じ味で、真面目な作り。
行きつけになりそうです☆

個人的には、プラス100円で杏仁豆腐をつけてもいいのですが、ボリュームが足りないので、プラス100円で量大盛りやから揚げ付にしてほしいです。
女性にお勧め~~~~☆


汁あり
「汁あり」

■住所:愛知県愛西市北河田町郷前442-2
■営業時間
  1:30~14:00(L.O.13:45) ランチあり
  17:30~21:30(L.O.21:00)
■定休日:火曜日
■電話: 0567-69-6544
■カード可
■駐車場:17台
■お店のブログ
 http://ameblo.jp/anzutei1217/
スポンサーサイト


テーマ : 中華料理 - ジャンル : グルメ

KASUYA

愛車D:5も二回目の車検を終えました。
ディスクもダメージがあるため、ブレーキ交換をしに大阪、輝オートさんへ行きました。

え?わざわざ大阪へ?
そう・・・実は他のパーツ取り付けやカー用品購入も裏の目的で・・(笑)

車は一週間くらいかかるので、代車を借りて帰宅することに。
せっかくなので大阪府のグルメを求めに。

すると、輝オートさんの担当の方から耳寄りな情報が。

「かすうどん」ってのが人気ありましてー
肉好きの人なら断然お勧めですよ☆(モザイクボイスでイメージしてくださいw)


とのこと。

むむむ。地元のかたが自信を持って勧めるなんて、なにかある!
しかもうどんなら、連れてきた家族への家計もたすかる(自分は高いパーツ買ってるくせに^^;)

というわけで、行ってきました「KASUYA富田林店」

KASUYA店構え

なんと、昼から焼肉もありみたい。
ユッケはないそうです><(解禁しろ~~)

家族はノーマルの肉うどんを注文。
550円とうどんのリーズナブルさをキープ。これは好感がもてまっす。
私は、肉うどん700円を注文しました。

肉うどん

だしは、甘みのあるうどんのだしに肉のコクが加わったもので、見た目ほどくどくはありません。
肉うどんの方がコクが濃かったので男性向けかな?
 うどんに付いてくるお肉は、がっつりしたものが好みですが、主役のうどんをそっとサポートする立ち位置でした。
麺は細目も選べましたが、細い方よりノーマルの方が噛みごたえを楽しむことができました☆

うどんというと、あまりコクがない食べ物のように思いますが、かすうどんは「コク」という言葉がついつい出てしまううどんです。
名古屋で展開しても流行ると思います☆

■KASUYA富田林店
■住所:大阪府富田林市喜志新家町1-4-12
■営業時間
  平日 11:00~翌4:00
  日祝 11:00~翌3:00
■電話: 0721-25-5514
■KASUYAのHP
   http://www.aburakasu.com/

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

グルメン

華木綿のから揚げ定食を食べて以来、から揚げに対する目が鋭くなった。
今日は、稲沢にあるというお店に向かった。

グルメン外観
「グルメン」

いやはや、なんとも「ブレードランナー」の香りがするたたずまい(笑)
この雰囲気、初めて入るときは勇気いりますが、同僚の勧めなので好奇心が勝る。

中は、とてもおしゃれだった。
白基調で清潔感があり、女性客の割合がふつうのラーメン店より多かった。

看板メニューの担担麺を注文。
担担麺と言えば、私はハマると残りが食べづらくあまり食べない方。
その中でも、ゴマ系では「錦城」「杏亭」、カラ系では「美杏」が好きである。
チャーハンセットもあるので、チャーハンの比較もすべくそれを注文した。

グルメン担担麺
「特性担担麺」

グルメンチャーハン
「チャーハン」

上の二つはセットで790円


そして・・

グルメンがら上げ」
「から揚げ」480円


グルメンの担担麺は、辛みは薄く「クリーミー」という言葉が真っ先に浮かぶ担担麺であった。
辛さを強くするには「ファイヤー担担麺」「スーパーファイヤー担担麺」と注文するみたい。必殺技のようだ(笑)

担担麺の彩やチャーハンを見ても解るように、真面目に作ってるのが伝わる味である。
から揚げは、華木綿の方が好みだけど、並みの店よりはおいしかった。

ラーメンセットも、割安感を感じる味で、人気の理由がわかった気がした。

■グルメン
■住所:愛知県稲沢市稲島東1-12
■電話:0587-32-0188
■営業時間
   11:45~14:00
   18:00~23:00
   ランチ営業、夜10時以降入店可
■定休日:木曜
■駐車場:有

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。