スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劔岳 点の記

内容
明治時代の陸軍の一部所である陸地測量部。
ここに所属する一人の測量手が、陸軍の上官から特命を受けます。

「死の山」と畏れられ、誰も登頂を果たしたことがない「剣岳」の登頂を果たして測量を行い、日本地図を完成させよ

誰も成し遂げられないことを、遂げなければならない。
民間の登山隊が登頂にチャレンジするとの噂に、「民間に先を越されては軍の威信に関わる」と、失敗が認められない。

そんな必死な任務を成し遂げる男たちの話。


感想
身の回りにあふれる物事すべてに、それに携わった人たちのドラマがあります。
また、その人たちを支えた人たちのドラマがあります。
今現在の世の中は、そうした過去の人・生物たちすべての結晶なのでしょうね。

まじめに仕事をしている人ならグッとくる言葉や、「昔の人はこんなにピュアな夫婦生活をしていたのかな」といったあこがれを感じさせる場面など、剣岳の自然を土台にストレートに見せてくれます。

もう少し脚色したり 支えている人たちとのドラマを盛り込めばさらに映画的でしょうが、そういったものを排除して、あるものをあるままに映し出すストレートさが潔かったです。
そうした作品での感動は、リアルです。ヘミングウェイに通ずるものを感じました。
原作者や実際に携わった測量手達に敬意を払ったのでしょう。


■劔岳 点の記
■原作:新田次郎
■監督:木村大作
■脚本:木村大作、菊池淳夫、宮村敬正
■主演:浅野忠信 香川照之 松田龍平 宮あおい 仲村トオル 役所広司
■HP
  http://www.tsurugidake.jp/


クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

一般家庭のソーラーシステム導入費用を5年以内に約100万円まで下げるよう公言したため、ソーラーシステムのドタキャンが相次ぎ、かえって混乱しているとのこと。
そういった計画は当然予想できることですが、業者じゃない方が発言したことで大きな責任ができてしまいましたね^.^
私も、今後のパネル効率改善やコストによって導入する予定。安くなるに越したことはないので、是非実現して欲しい物です☆


今日は、裁判員制度への事前準備としてオススメの漫画を紹介します☆

紹介
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」は、傍聴人の傍聴日記を描いた同名小説を原作とする漫画です。
弁護士の活躍を描く話が多い中で、裁判を見学に来る人の視点で物語が進む異色の漫画ですが、裁判所の空気感や裁判の様子、それを見た傍聴人の感情などが等身大に描かれついつい引き込まれてしまいます。
なんでも、実際にあった内容らしく、いかに事件を起こした被告人が弁解するのか、検事や弁護士がどう争うかがリアルに感じ取れます。

「どちらの意見(立場)も理解できる」という状況で、裁判員に選ばれたときに正しく判決の判断ができるのか?といった視点でこの漫画を読む(いっしょに傍聴する)と、「自分はどう判決するだろう」といった別の読み方ができるので、何回か読み直したい漫画です。


■裁判長!ここは懲役4年でどうすか
■漫画:松橋犬輔
■原作:北尾トロ
■新潮社 BUNCH COMICS

裁判長


【おまけ】
「弁護士のくず7巻」で、裁判員に突然選ばれた人たちの心理や仕事上の不利益、裁判中に眠気がきてしまう無関心な裁判員の様子、さらにはその人たちによって判決が左右される等の諸問題を取り上げていましたが、そちらもこの本と併せて読むと、いざ選ばれたときの予習としてオススメです☆


クリックありがとうです☆


テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

モリのアサガオ

キャノンのインクジェット複合機MP950のスキャナ機能だけが使えなくなり今までマンガの紹介が滞っていましたが、ようやく直りました☆
原因はドライバーが2個入っていたためのようで、デバイスマネージャーからMP950のドライバを全て削除して再インストールしたら直りました^^
それでは仕事もようやく落ち着いてきたので更新ペースを元に戻したいと思います☆

紹介
このマンガは、死刑が確定した犯罪者たちとそれを世話する看守の話です。

死刑が確定するまでは、マスコミなどで大きく取り上げられますが、皆さんは死刑が確定してから死刑を受けるまでの死刑囚の生活を想像したことがあるでしょうか。

このマンガは、ほとんど拘置所の中で話が進みます。
新人刑務官が拘置所で勤務するうち、心理状態はどう変化していくのか、時間のテンポをはしょることなく、とても丁寧に描かれており深い作品となっています。
(郷田マモラ先生って、深い作品が多いですね^^)

PS:映画化が決定したみたいですが、作品が完成してるので、本質をしっかり描写してくれるよう願います^^b

■モリのアサガオ ~新人刑務官と或る死刑囚の物語
■作者;郷田マモラ
■双葉社 アクションコミックス

モリのアサガオ


クリックありがとうです☆


テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。