スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newton(ニュートン)

私の愛読雑誌で、電車や出勤途中に読むと通勤時間を忘れるくらい集中して読めます。
主に科学や物理学の内容が多く、最新の研究成果や技術研究などが紹介されています。
時には恐竜や古代文明の特集をしたり病気の仕組みについての研究結果も紹介されていたりと、毎月飽きることなく楽しめます^^

この雑誌のいいところは、「蚊はどんな人を好むとか」とか「光通信の速度が1000倍以上の速度になる実験をしている」など、自分たちに身近なことについても書かれていることです。
私のように「最新技術」「近未来」「宇宙」が好きな人ならかなり楽しめます☆

■Newton
■株式会社ニュートンプレス

Newton


なんと!今月の特集は、私が電車の中で悩んだ4次元世界についての特集です。
以前話した4次元についての考察は、おおむね正しかったようです。

私たちがいる3次元世界(4次元時空)の外(方向は縦・横・高さ以外の方向)には「第5の時元(私がブログで考えていた4次元空間)」が広がり、別の3次元世界が存在しているという説で、それらを行き来できるのは重力を司る重力子ではないか?というのが最新の理論だそうです。

となるとブラックホールは、隣の3次元世界(4次元時空)の強力な重力に吸い寄せられているひずみかも?^^
今後の電車では重力について好き勝手に想像しようかな~^^
スポンサーサイト


テーマ : 雑誌(既刊〜新創刊) - ジャンル : 本・雑誌

割烹 一柳(いちやなぎ)

紹介
石焼ビビンバが美味しいお店。
同じ中村区に「うなぎの一柳」というお店がありますが、そちらが本店とのことです。
800円前後で丁寧な料理。
(値段が張りますが)本格的なランチもそろっています。
本店ゆずりのうなぎを味わってみたいなぁ~

■割烹 一柳
■住所:名古屋市中村区名駅1-3-7
■営業時間:
  11:30~14:00
  17:00~22:00
■定休日:日曜日・祝日

一柳店構え
「店構え」
出口を抜けると向かいに(行きつけのw)ソフマップがあります^^

ランチ類
入り口にはランチが。
食い逃げしたい・・・w

私のお勧めは、石焼き料理です。
特に石焼ビビンバがお勧め☆
石焼ビビンバ
かき混ぜているうちに御飯におこげが程よく入り、美味しいんですよー

お好みの辛味
お好みに応じて辛味を足すこともできます。
二杯目、三杯目などで味に変化をつけるのも楽しいですね☆
他の定食も丁寧です。

テーマ : おいしい店紹介 - ジャンル : グルメ

軒天ボード施工

※前回の工程「断熱材施工」からの続きです。

外壁が張られる中、他方では軒天ボードの取り付けが行われていました。

軒天ボード
「軒天井ボード(有孔板)」

【屋根裏の熱対策】
瓦から屋根裏へと伝わる熱は、夏場では60~70度にも達するそうです。
天井裏などに断熱材を敷くことで、軒下の熱が二階フロアへと伝わるのをある程度遮断することができますが、屋根材や天井建材などがその熱にさらされていることは別の話です。
そこで、屋根裏の中に溜まった熱気を外へと逃がす”空気のトンネル”があると、そこから熱が逃げるので、屋根裏の温度を下げることができます。
これが屋根裏換気です。

屋根裏の温度を下げることで、屋根の木材内部から水分が蒸発されるのを減少させ、建材の痛みを緩和します。

屋根裏換気の種類や効果は、私が住宅の勉強をするときに参考にさせていただいている「住まいの水先案内人」の方で詳しく書かれています。
■住まいの水先案内人
  http://www.ads-network.co.jp/
  (屋根裏換気についての詳細はこちらで紹介されています)
  ※フラット35の融資を受けるには、この仕様が必須だそうです。

【換気方法】
換気の方法は何種類かありますが、私のうちの場合は、単純な方流れ屋根構造のため「軒下と棟換気」仕様で施工されています。

立面図
棟換気がある場合は、契約書の「立面図」でこのように説明書きされています。

実際に見ると、このように

結構開口部が大きい
「結構大きな開口部でビックリ」
雨の浸入対策はどうやるんでしょうね^^

軒天ボードの孔
「軒天ボードの取り付け状況」
この孔から熱が出て行く「温度差換気」の換気もありますが、ここから風が入って棟換気口から熱気が出て行く「風圧力による換気」が主な換気方法となります。

開いている穴を見ると、換気効果は期待できそうな気分^^

【換気能力】
実際に穴を開けることで、換気効果が得られるのでしょうか?
それについては一定の基準値があり、「天井の面積に対し、開口部がどれだけあるか」の面積率で計算することができます。
「水先案内人」の紹介ページにもあるように、換気方法によって必要な開口面積が違いますのでそれぞれ参考にしてください。

なお、契約書の同じ立面図の中に

換気効率計算
このような計算式が入っていれば、それが効率をあらわしています。
〇〇〇>*** OK と書かれていれば基準を満たしています。


【有孔板の施工箇所】
孔なしボード
「あれ?穴が開いていない?」
こちらの面と反対側の面には穴が開いていないボードが張られていました。
なぜかな~と思って調べたところ、通風の効果も計算されているからみたいです。

通風イメージ
有孔板から風が入った場合は、水色のようにストレートに棟換気口へと風が通ります。
しかし、孔が開いていない方のボードに穴を開けて風を入れたとしても、黄色の線のように屋根の木材が抵抗を作るため通風効果があまり得られないからだと思います。
また、こちらには雨トイがないことから、雨の浸入防止もかねているのかもしれませんね(違っていたら指摘してくださいね^^)


次回はいったいどんな変化が見られるのかな~♪
フローリング?それとも設備?外壁のコーキング?^^どの工程も見た目に変化があるので楽しいですね☆

※・・・と言うことで^^次回は「外壁コーキング作業」でした^^b

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

久しぶりに

前日が夜勤明けで体内時計が狂い、寝不足の目をこすり出勤した。
今日は栄まで座れず。月曜日はなぜか電車が混んでいる・・

名古屋駅にて野菜サラダと牛乳を買い、今週の始まりを乗り切るきっかけを作った。
職場にてサラダを食べていると、またやってしまった・・・

今日は代休で休みだったらしい・・・Orz

しかし、月曜日に仕事をしなくて済むのはハッピー度が高い^^
急にサラダが美味しく感じ、500ミリパックの牛乳を一気流し込み、ブーメランしたのだった・・・

おしまひ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

断熱材施工

※前回の工程「御幣祭り」からの続きです。

いよいよ断熱材が入りました。
入れる順番は、二階の屋根→二階の壁→一階天井・壁の順です。
途中で吊り天井の工事が入ったり、外壁施工なども入ったり、配管工事の完了を待ったりと、他の工程と同時進行する形です。

使われた断熱材は標準の断熱材。
今まで住んでいた旧家が断熱材もまったく無い、隙間風の通る古い建物であったので一般的でも十分効果があるものと深く考えてはいませんでしたが、皆さんのブログを見ると厚さを上げたり断熱材を変えたりとこだわりが見られ、もっとよく検討する材料だったなーとプチ後悔。
あとは実際に住んで見て、機密性のレポートをしたいと思います^^

使われた断熱材

いずれもグラスウール断熱材の大手 株式会社MAGの製品で、
 天井・小屋裏が、「スーパーポリカットHV100L 10K 厚さ100ミリ」
 外壁が、「スーパーポリカットHV90C 10K 厚さ90ミリ」
でした。

■株式会社MAG
  http://www.mag.co.jp/

ここで思わぬ誤算が!!
なんと、 勾配天井はなぜか「ダンゼンDV1690M 16K 厚さ90ミリ」が使われるそうなんです^^
さぶ&アーチャーさん邸で扱われている噂のダンゼンが勾配天井だけでも導入されているなんて・・うれしいです☆
はっ!?
なんでどうせなら他の部分もそれにしてくれなかったんでしょうw
それにしても、もっとも高性能なダンゼンがフレーム切れしてます(笑)
自分が撮った写真ですが、いかに断熱材に無知であったかが伺えますね^^;

参考までに、使われる断熱材は「標準仕様書」の「共通仕様」にある”断熱材”という項目に記載されています。やはり、具体的な製品名は記載されておらず、「グラスウール 厚さ90 160K」などと書かれています。


天井
「天井の断熱材」
「スーパーポリカットHV100L 10K 厚さ100ミリ」
ピンク色の耳が目印です。

壁の断熱
「壁の断熱材」
「スーパーポリカットHV90C 10K 厚さ90ミリ」
緑の耳が目印です。

ダンゼンは、勾配天井用なのでまだ張られていませんでした。


(続く)

続きはここから☆

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

御幣祭り

※前回の工程「吊り天井施工」からの続きです。

御幣の場所

我が家の屋根裏に、ようやく御幣が祭られましたf^^
通常、上棟の際に祭られるものと思いますが、なぜ今の時期になったかと言うと・・・

一度御幣を失くしてしまったんですぅぅぅぅ

おそらく全国の施工主で、このようなミスをするのは皆無ではないでしょうかf^^;



遡ること解体前・・・
解体準備中
「確かにソコに、御幣はあったのでした」

解体が始まり私は名古屋へと戻り、御幣の管理を親に任せていたのですが、上棟打合せが終わりいざ祭ろうと探したところ離れにはありません。
おそらく解体屋さんに処分を頼んでしまったのではないかな~と思います。。

「御幣は、元々は神に捧げるもので、後に、社殿の中に立てて神の依代あるいは神体として、あるいは祓串のように参拝者に対する祓具として用いるようになった。」
とウィキペディアにも説明があります。
神様が厄と戦う際の武器ともなるそうで、「縁起を担ぐ」と言う言葉は「御幣を担ぐ」から由来したほどの縁起物。

神様を解体!!??Orz

もしかして、いや、もしかしないでもこの世でもっとも縁起の悪い行為??(苦笑)

それから同じ神主さんに再作成を依頼(2000円くらいでしたf^^;)していただき、今日ようやく祭ることができたのでした^^
家が建ったら神主さんに再度清めてもらうつもりです。

守ってくださいね^^
グラスウールのお布団で申し訳ないですf^^
再作成とはいえ、やはり祭ると神妙な気になりますね。
まぁ、わざとじゃないし反省もしてますので、神様もこれで立腹するほど心が狭いことは無いでしょうw
いつかは思い出話となるのでしょうかf^^

以上、とんだハプニングの紹介でしたw


※次回は「断熱材施工」です。

【おまけ】
五平餅の由来は、形が御幣に似ているからとか

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

吊り天井施工

※前回の工程「サイディングの感想」からの続きです

外壁ではサイディングが進む中、室内では断熱材入れが行われています。
なので、断熱材の紹介をするべきですが、その途中で「吊り天井」の工事も終わっていましたのでそれを先に紹介します☆

以前にも話しましたとおり、「吊り天井」は、一階の天井用の取り付け板と二階の床用の取り付け板を別に分けることで、二階の振動が一階の天井に伝わる衝撃を緩和する工法です。
一般的には、一階の天井と二階の床を一枚の根太の上下面で取り付け合うので、二階の振動が一階の天井へと直に伝わります。
吊り天井方式の場合、一階の天井に「一階の天井取付用根太」と「二階の床取付用根太」が交互に組まれるので、根太の密度が2倍になり強度も増す気がします。

打合せはリビング(仮)でw
「上棟打合せ時でのリビング」
上の根太は、二階の床を取り付けるための根太です。
これが、施工後には・・・

吊り天井施工後
「根太が2倍状態に」
二階の根太の間に金具で固定された一階天井用の木が入っているのが判りますでしょうか?
金具で固定された根太に一階の天井板が張られることになります。

心配していた電気配線も・・・
貫通しまくり><;

上を通る
吊り天井用の板は、配線用にくり抜く必要が無く、上を線が通ります。
電気屋さんも最初から吊り天井を考慮した高さへ配線してくれたんですね^^

吊り天井の断熱入れ
「吊り天井の断熱材イメージ」
写真は仮入れですが、このように断熱材は吊り天井の上に置く感じです。
結構二階の床と開いてるんですねー^^

※次回は「御幣祭り」です

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

夜勤明け

今日は夜から仕事だった。
終わったのは、午前4時半。

名駅の始発が5時30分くらいからなので、まだ1時間程度ある。
今日は始発が出るまで歩いて帰ることにした。



笹島発
午前4時38分、笹島を出発。
いつもはイルミで輝くこの通りも、今は眠る。

長久手線をまっすぐ帰れば家に着く。
東山線も下を通るのでその内追いついてくるだろう。



柳橋にて
柳橋の名物サンタも夜勤明けでお休みだ^^
松屋、すきやと俺を誘うが、脚を止めてはいけない。。



やがて伏見にたどり着く。
そこから栄へと向かうほどに、ポツリポツリとすれ違う人。
男は酒の匂いを鼻に残し、女は別れ話を耳に残す。




栄パーク
5時4分。栄のテレビ塔も姿が見えない。

ここから先へは見るべきものも無く、足取りが重くなる。
あと30分の間にどこまで歩けるのだろうか。



(続く)

続きはここから☆

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

たすいち

紹介
名駅周辺は、夜は繁華街。
合コンや会社の飲み会団体で賑わう町です。
そんな中で、上っ張りジャンパーを着て定食屋をさまよう夜勤衆数名。今日も定食屋を求めてさまようのであった・・
名駅周辺では、お昼にランチをしていてもよるにはお酒&一品料理で定食はやらないってお店が多いです。
なので夜勤のときは、たいてい決まった数店の中から選ぶ感じとなります。
車で遠出できたら夜勤も楽しくなるのにな~と思いつつ、本日のお店紹介☆

名駅から東方へと向かって数分にあるお店「たすいち」。
周りの看板が派手なため、気がつかず素通りしてしまいそうなこのお店ですが、いつでもお手軽な値段で定食が食える隠れた名店なんです^^b
「たすいち」って覚えやすそうで覚えにくい名前ですが、居酒屋とかこの名前を使う店が案外あるんですねー。
そらで「たすいち」と言えるようになれば、あなたも常連の仲間入り(?)w

■住所:名古屋市中村区名駅4-25-21 石田ビル1F
■電話:052-587-2511
■営業時間
  月~金 11:00~22:30
   土・祝 11:00~21:30
■定休日:日曜日
■駐車場:なし

豊富なメニュー
「豊富なメニュー」
初めての人は、その豊富なメニュー群に迷うことでしょう^^
どの定食もおよそ700円前後、大盛は100円プラスで食べれるリーズナブルなお店です。

そそられるメニュー
「そそられる文句(クリック拡大)」
ご覧のとおり、お勧めメニューだけでもこの数!
しかも、どのメニューも食べてみたくなるような説明書きがあって迷うんです(笑)
他には、入り口を入って直ぐに小鉢類が置いてあります。

しょうが焼き定食
「しょうが焼き定食¥700」

トンカツ定食
「トンカツ定食」

ギュウドン大盛+ナンコツから上げ
「牛丼定食(大盛)+軟骨からあげ」
ええ。食べすぎですね^^

繁華街で商売を続けるだけあって、どの料理も700円以上の満足感が^^
リーズナブルで夜9時過ぎまでやっている安心感。いいお店です^^b

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

サイディングの感想

※前回の工程「外壁サイディング張り」からの続きです。

サイディングの工程紹介が終わったところで、いよいよ私のサイディングのファースト・インプレッションを^^

【はじめに】
私は、工法・機能等を抜きにして、自然な感じで仕上がる吹き付けが好きです。
サイディングはどうしても「張ってある」感が出てしまいます。特に私のような標準の12mm厚のサイディングだと質感や立体感は厚いもののようには得られません。

そんな私がサイディングにしたのは、「標準がサイディングだった」ことが大きな理由です。
もともと「外見・レッテルの評価より、内面・本質重視」「毎日使うものには贅沢を」な性格なので、どちらかと言うと外観よりも間取りや毎日使う設備(オプションも含む)などのことで打合せが一杯一杯だったんですf^^
また、「吹き付けは好きだけど個性が出なくなるなー」ということもありました。
※ 個性についてはステップさんのブログ記事「外壁材」で紹介されている拭き付けはとても個性的で色も豊富です。知っていたらこれにしてましたねーw

おそらく娘の進学時期とずれていたら家の契約をあわてることも無く、外壁やクロス、断熱材などへの勉強・比較検討の時間も取れたと思うのですが、”進学早々転校・・・”は可哀想と思い実家へ引っ越す時期を第一条件としました。

色は、イタリア(ローマやヴェニスなど)の色合いが大好き(イタリア村には何もしなくても一日いれますw)なので、ほんとはそういった建物の色にしたいのですが、田舎では浮いてしまうので、ベージュを抑えた「薄いベージュorホワイト&ブラウン基調」に決めていました。

サイディングの厚さは、「いつか何十年もしたら張りかえになる」との考えでこだわりませんでした。
拭き付けのような淡い感じが好きなので、掘りが深いものの重厚・高級感を遠慮したのもあります。
かわりに”継ぎ目が目立たない””釘が目立たない”模様を選択しました。

いずれも前「外壁の不安」で話したとおり、サンプルと完成予定図での色合いに開きがあり、出来上がるまでドキドキだったのでした^^


【施工結果】

張り終わり
「上下のつなぎ目は目立ちません☆(クリック拡大)」
予想以上の目立ち難さで嬉しかったです^^

釘を探せ
「釘の目立ち具合(クリック拡大)」
拡大画像で釘を探してみてください^^
ご覧のとおり、「元々が古ぼけたカントリー調(笑)」なので、釘の存在が目立ちません^^
同様に、多少汚れたり古ぼけてきても、「元々が古ぼけた・・・」により、違和感が少なそうな気がします。
もっとも、「新築ピッカピカ☆おろしたてのYシャツ〜♪」な新鮮さは薄いので、一長一短です(笑)
なお、光触媒による汚れ落とし加工をしてありますので”弱冠”は汚れ落ちも期待できそうです。

仮止め
「え?釘が目立ちます?」
これは、サイディングを打ち付けたときの仮止めの状態。
いきなり強く奥まで打ち付けると、12mmのサイディングは割れてしまうおそれがあるので、ここからは割れないように慎重に打ち付けていくそうです。
打ち付けてしまうと影が出なくなりますので、周りのカモフラージュになじんでしまいます。
なお、表面はザラットした感触です。


【色】に続きます・・・




続きはここから☆

テーマ : マイホーム - ジャンル : ライフ

外壁サイディング張り

※前回の工程「室内の電気・ガス配管工事」からの続きです。


アクセントパネル夜

ついに!我が家の外壁パネル張りが着工となりました!!
今までの工程も、進むたびに新たな喜びや感動がありましたが、外壁が見えてくるとさらに喜びがアップするんですねー^^
これほどワクワク感が長時間持続する経験って、今まで生きてきた中でも殆んど無いです。
手抜き工事をしっかり見張るのも もちろん大事ですが、それはそれとして 素直に完成していく我が家を楽しまないともったいないなーと思います

今日は外構の最終打合せだったのですが、それ以上に外見がどうなのかが心配でしたf^^
結果は以下のとおりです

【工程】
サイディングの切断作業
「まずはサイディングを張る形へと切断します。」

切り取った後
「切り取った外壁」
サイディングの裏はこんな風になっているんですね^^
写真は地面に直置きですが、先端部分が曲がったりした失敗作です。
屋根の部分は難しそうですね^^

銅縁にサイディングを釘で打ち付ける
「サイディングの張りつけ」
防水シートの外側に付けた サイディング取り付け用の下地、兼、通気用の隙間を作る胴縁(どうぶち)へ、釘を使ってサイディングを打ち付けていきます。
胴縁の方向は、サイディングが縦張用か横張用かで地面と垂直に打つか水平に打つかの方向が決まります。

胴縁のポイント
胴縁のチェックポイント
胴縁は、サッシ枠の部分では3センチ以上の隙間を離して打ち付けるそうです。
隙間を空けることでそこの部分は横方向にも通気することになり、サッシ水はけ・湿気抜きを助けるそうです。

胴縁による隙間
「胴縁により、隙間がこのように確保されます。」
この通気用隙間が無い施工の場合、外壁から伝わる熱が直に防水シートへと伝わります。
そこから外壁ボード→断熱材→室内防湿フィルム→室内ボード→クロス→室内へと熱が伝わっていくので、通気がある場合よりは夏場が暑くなります。
反面、冬は室内の暖気が外へと抜けていくので、隙間に冬の冷風が通る胴縁工法は熱が室内から逃げやすいそうです。
どちらの工法も、頼りは断熱材余計な隙間防止ですね。
もう少し断熱材について知っていれば、厚いものにしていたと思いますf^^


張り終わり
「張った感じ」
そのようにして張られたのがこちらです。
クリックすると拡大しますが、上下の隙間は実際にも殆んど目立ちません。
色合いも、「これ以上濃かったらくどくなる限界」でした(危なかった~w)

※次回「サイディングの感想」で、ご対面となった第一印象をコメントしたいと思います^^

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

今から実家へ

今日は今から外構の最終打合せのため、実家へ向かいます。
話によると、外壁も着工が始まっているらしく、断熱材も入れているみたい。
しかも今日は業者の方も7人くらい来ているらしく、大きな変化があるかも?^^

営業さんも来るので、釣り天井と電気配線の関係なんかも聞いてみようかな。
忙しい一日になりそうですが、ネタも増えるし楽しい一日になりそうです☆

ではでは、行ってきまーす


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

室内の電気・ガス配管工事

※前回の工程「外壁防水シート張り」の続きです。

外装関係では防水シートが張られましたが、内装工事では電気やガス、そして2階の給排水管の工事が行われました。
配管・配線工事

皆さんの工事の過程を見ていますので次の大まかな工程が判り、すごく助かってます^^
配管・配線工事の状況は日曜日の段階でこのような感じで、現在も電気関係の配線を行っているとのこと。金曜日に実家へ行くのでどこまで進んだかが楽しみです☆

電気やLAN回線は2階から引きました。
配線で部屋をまたぐ際、天井の梁が目的方向へ平行な場合は、梁にそって配線を固定していく施工となります。
しかし、梁が行く手を阻む場合は、柱をくりぬきトンネルを掘り配線をしていくのです。
配線工程
「こんな感じ」

場所によっては、モグラの穴のように梁と言う梁を貫通する羽目に・・・

貫通しまくり><;
「容赦なしで心臓に悪いです^^;(クリック拡大)」
釣り天井とかこの後なんですが、配線は大丈夫なんでしょうか・・・?(後日レポ予定☆)

柱をくりぬくなんて強度は大丈夫なの!?って心配も生じますが、従来からこの方法で行われているのでとりあえずは大丈夫なのでしょう。
また、集中LANターミナルが2階にある場合と1階にある場合では、1階にある場合のほうが穴あけの度合いがひどくなるそうです。

もちろん、無線LANも考えましたが、2階と1階との間の転送品質が不安であったのと、パソコンを持ち歩いて使用することがないことから有線LANにしました。
PS3も引越しのどさくさにまぎれて一箱買ってしまう作戦ですが(w)、配線がどうなるかは不明です。

柱の穴あけについても、上棟打合せで工事関係者と会った際、口を酸っぱくして丁寧な穴あけをお願いしておきましたので、上手に施工してくださいました。

穴あけ状況
「電気配線」

ガス配管
「ガス配管」

どの穴もきれいに機械で開けられていました。
業者によっては穴あけが雑なところもありますので注意です(大して影響はないのかもしれませんけど気分的に^^)。

音シーンこたーーー
「音シーンも巻いてありました^^」
現在住んでいるマンションは音シーンが巻いてありませんので、上の階の人が水を流すとジョロジョロジョ・・と、水が流れ落ちる音が響きます。
これを巻いてあるとその音が緩和されるそうです。
私はそういった防音シートが全く無い住まいからの引越しとなるので、効果は顕著に感じられそうな気がします♪
実際に住まわれている方、上からの排水音はいかがでしょうか?

※次回の工程は「外壁サイディング張り」です☆

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

床下のチェック

日曜日の見学の続きです。

お風呂場の小道具類が片付けられ、何もない状態になっていました。
いよいようちもユニットバス導入が近いのでしょうか!?(ドキドキ)

以前は小物入れ状態w
ご覧のように、シートやテープなどの小道具が入った箱状態でしたが・・・


(ハープのBGMで
フロの現在
今ではすっかり綺麗になっていました

お風呂は1.25坪タイプですが、ぱっと見た感じ家の基礎を見たときの印象よりも狭く感じました。
ほんとにユニットが入るのかな~w

今回のチェックポイントも、後々に重要な箇所となってきます。
ずばり、”床下の状況チェック”です。

なぜ床下のチェックが重要かというと、
 1 木片、カンナくず、クギ、タバコの吸殻等のゴミを床下に残したまま施工する業者さんがある。
 2 漏水のチェック
 3 虫などの状況
などが判るからです。

とくには重要で、それらが床下に残ったままとなることで、水や湿気を含んだりカビや異臭の原因にもなります。
また、2や3の点検をする際にも、ゴミが邪魔や怪我の原因となったりしてしまいます。

「見えない部分や監視がいない時でもしっかり仕事ができるかどうか」
これは建築だけではなく全ての仕事にも言えるでしょう。
中を覗いてみると・・・

床下の様子
「綺麗でした~^^」
さすがです☆

この時勢、ここにゴミを残す業者は少ないものと思われますが、万が一もありますし点検はしておくといいでしょうね。

【おまけ】
三洋電機さんが、床下点検専用ロボットを開発し、実用化のめどが付いたそうです。
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0711news-j/1107-1.html
来年の秋からテスト販売開始。
搭載バッテリーはリチウムイオン電池で、140分までの連続使用が可能。
これで汚れることなく点検してくれそうですね^^

価格は・・・・・「PCプログラムを含めて100万円を割るくらいにしたい」そうですw
もし奥のほうで挟まったら・・・@@(笑)


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

伝達ミス

床下収納の開始
「カンコンカンコン」

写真は、以前の記事でもお伝えした、床下収納の位置変更作業の模様です。

床下収納の位置
「私の計画」
元の位置(オレンジ枠)では作業場(キッチンコーナー)に近いため、なにかと床下収納のふたに干渉する可能性が高いと思い、青枠のほうへとずらせないものかを交渉したのでした。
監督さんとの打合せにおいてもOKが出たため安心していましたが、若干の不満が。

【不満1】
床下収納の工事は、一度完全に床工事を済ませて板を張ってから収納部分を四角に切り取る作業となっていました。
なので、できれば床を切り取る段階の最初からずらす方(青枠のほう)だけをくりぬいて工事ができるものとばかり思ってたんです。
しかし、実際は、元の計画場所(オレンジ枠)を切り抜いて、さらにそこからもぐって位置をずらす(青枠のほうを切り取る)という複雑な作業となっていたんです。

おそらく監督に変更依頼をしたのが着工が始まっていた時期であったため、床工事の板の変更が間に合わなかったものと思われます。
すでに契約書を交わした段階での変更願だったのと、使い勝手を天秤にかけてOKとしました。

【不満2(・・・?)】
そういった理由で、位置をずらす作業は、
  1 元の予定位置(オレンジ枠)をくりぬく
  2 そこからもぐって、青枠のほうへと収納建材をずらす
  3 ずらした側(青枠のほう)を切り取る
  4 元の枠(オレンジ枠のほう)を床材でふさぐ
  5 切り取った部分をふたのような板でふさぐ
となりました。
結果がこれです

収納ずらし結果
「クリック拡大☆」
奥の明るい四角枠部分が元の収納部分、手前の濃い茶色の板が張ってあるほうが移動したほうの床下収納です。

ここでお気づきになりましたか?
ずらしたほうが、私の意図した場所と違う方向にずれているのでした

日曜日に見学に言った際、このことに気づき、立ち会っていた営業さんに話しました。
すると、電話で位置を説明したのでお互いに違う位置をイメージしていたことが判明^^;
「できる限り冷蔵庫よりに」
「コーナー部分が作業場所となるので干渉しないように1マス分くらいずらして欲しい」
これじゃあ誤解も生じますよね・・・
やはり突然の仕様変更はこうした行き違いを招く元なんだなーと実感f^^
上棟打合せでも、監督が把握していることに安心してしまい、図面での確認を怠ったのも悪いかなと思います。

ですが、この伝達ミスが思わぬ結果に!


くりぬいてしまったものは仕方ないので、再度ふさいで青枠の位置へとお願いすることもできたのですが、この位置で実際に使い始めたときの導線予測を立てたところ・・・

導線予測
「クリック拡大☆」
こんな感じになるものと予想を立てました。
「この位置でも作業においてあまり干渉しないかも?いや、むしろ青枠での計画よりも勝手がいいかも?」と現場で瞬時に判断し、結果オーライとしました^^

床下収納部分の上に、配膳・片付け用のワゴンを置くつもりなので、配膳時以外はあまりフタには干渉しないものと思います。

災い転じて吉となす。物事は何事も考え方しだいです。
できる限りプラス思考で生きたいね(笑)

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

外壁の不安

同期の施工主さん達のブログを見ていると、すでに外壁パネルが貼られていってます。
皆さんや、すでに建てられた先輩方のパネルを見ますと、どの方のお宅もいい感じ。
私もホワイト・ベージュ系統色が好きなので、思い切って白にしてもよかったかな~と名残惜しんでいますw

私も当初は、過去の記事の完成イメージにあるとおり、メーカー標準であるニチハ製ベージュのソフィア調をベースにしていました。
これです

完成イメージ
「これ」
アクセントパネルは、同じくソフィア基調のブラウン色。

契約ぎりぎりまでこのイメージで進んでいましたが、「そう、やすやすと交換できる部分じゃないぞ~」とか「どうせ長年したら交換するんだし、白でいこうかな」などと どんどん慎重になりすぎてしまいました。

そうなってくると生ずるのは「悩み」。人間、選択肢が増える程選択に悩みます。
特に優柔不断な私みたいなタイプはw

そうこうして、打合せの詰めの段階となった際、同じ会社から別の色が出ていることを知りそちらも見てみることに。

ソレがこちら。

ハウッドMGクリーム
「ルベリアストーン調ハウッドクリーム」
こちらが基調で・・・

コロリータイル
「コロリータイル調リスタココア」
こちらがアクセントパネルとなります。

あわせるとこんな感じでした(打ち合わせ中のひとコマ^^)

外壁の雰囲気


二つとも最初から「使い古されたカントリー」のような印象を受けたので気に入ったのと、色もどちらかと言うとベージュより白に近く明るい感じになるのでは?と思ったこと、さらにはあまり見ない感じにしたかったことなどの理由で、急遽こちらに仕様変更しました。

でも、メーカーのHPをみると、”なぜかベージュが濃い”じゃあ~りませんか(笑)
さらに、完成イメージの結果がこちら

完成イメージ(玄関違い)

むぅ~、やはり以前よりベージュが強いw

なので、実際に組み立てられるまで、写真で受けた印象どおりの感じに仕上がるのか、それとも完成イメージ図に印象が近いのか、実に不安で実に楽しみでもあります。
結果がどうあれ後悔しない性格なので、どちらに転んでも「住めば都」と感じるでしょうが、どうなるかはお楽しみにしておいてください^^b

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

外壁防水シート張り

※前回の工程「屋根瓦工事」からの続きです。

先週は夜勤や泊まり勤が続いたため、家の見学が一度もできませんでした。
本日久しぶりに実家へ行くことができました。
先週は屋根工事をしていましたが、今週はどこまで進んだでしょうか・・・(ドキドキ)

垂れ幕が!
「おおおお!?」
今までも青いシートが家の周りを囲ってましたが「安全第一住友不動産」という、実に質素な宣伝幕だったんです。

これw
「これw」

それが、いつのまにか「アーバンコート」の垂れ幕に!!
「世界をデザインする家」バージョンがよかったんですが、今までの質素バージョンに比べればうれしい変化です(笑)

・・・と、いつものように話がそれてしまいましたが、今週は予定通り外壁とボードの間に張る防水シートが張られていました。

張られていたのは、こちらです。
透湿防水シート3
「ニチハ 透湿防水シート?」

■透湿防水シート協会HP
  http://www.ntba.jp/
透湿防水シートとは、建物の外部からの雨水浸入を防止する防水性と 壁体内側に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えたシートで、写真のように少しザラッとした薄い紙用のものです。
詳しい機能は先ほど紹介したHpに載っています。

内側の湿気を外に出し、外の雨の浸入を防止する素材でカッパなどに使われるゴアテックスなどがありますが、あのカッパを使うと雨の登山もかなり楽になる(てか、むしろ雨が楽しくなるw)くらい快適に行動できます。
これがビニールカッパだと、中の湿気や汗が外に逃げず、内側もペチャっと・・・こういう経験が家でも言えるわけですね^^

【チェックポイント】
チェックするポイントは、先ほどの協会のHPから抜粋しますと
 
(1) 透湿防水シートは、日本透湿防水シート協会会員商品を使用する。
 
(2) 透湿防水シートの上下の重なりは90mm以上、左右の重なりは150mm以上
 
(3) 左右の重なり部は必ず柱・間柱のあるところに留める。

(4) 透湿防水シートを下地に留め付ける場合、つづり針(タッカー)で確実に留め付ける。

(5) 透湿防水シートで通気層が破れた場合は、その箇所からの雨水の浸入を防止するため防水テープで補修するか、防水シートで通気層がふさがらないように張る。

(6) 施工中に透湿防水シートが破れた場合は、その箇所から雨水の浸入を防止するため防水テープで補修するか、防水シートを重ね張りして補修する。

(7) 開口部まわり(サッシや玄関など)の防水性を向上するため、防水テープをしようする事を奨めます。

とありました。

我が家も早速チェックです☆

続く

続きはここから☆

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

ぼくらの

田舎町の臨海学校へ参加した15人の小中学生たち。
彼らが徐々に打ち解け、海辺の洞窟を探検しに行く日から物語が始まります。

やがて少年たちは、巨大ロボットを操作することになります。
目的は「地球を守ること」。
子供たちなら誰もがあこがれる「地球を守る巨大ロボのパイロット」に選ばれたメンバーたちの活躍の物語です。

ぼくらの


■ぼくらの
■作者:鬼頭莫宏
■小学館 IKKI COMIX
■アニメ版 公式HP
  http://bokurano.jp/
   コミックお試し版
    http://bokurano.jp/comic/index.html

地球を守る巨大ロボットと言えば、普通ならば生き生きとした主人公や強そうな主人公たちが描かれるのだが「ぼくらの」の表紙の少年たちの目は、どことなく内向的で元気がない表情をしている。
そんな少年たちの目の表情が気になり買いましたが、ときおり「イキガミ」に通ずる人生観が描かれていて、単なるヒーロー物語ではなく考えさせられる内容となっていますよ。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

今日は

今日は3週間ぶりにブートキャンプをやった。
プログラム3。
腹筋のみのトレーニングで、訓練では軽いほうである。

リハビリを兼ねて挑む。

テッ・テ♪ テレレレ♪ テッ・テ♪ テレレレ・・・
おなじみの曲が流れてくる。
オープニングの着メロは手に入れたが、訓練中のこの着メロが欲しい。

と、余裕に始まったのが最初のツイスト
足を開いてひざを曲げ、そのままの姿勢でボクシングのガードのように両腕を曲げる。
そして、ただただリズムに合わせて腹筋で上半身を左右にツイストするだけの基本である。

む!

なんか・・・リズムが早くないか???

こんな早いリズムで今までこなしていたのか~。ちょっとサボるとこれだw
何とか最後までやることができたものの、すっかり体がなまっているのを実感。

隊長!訓練に慣れちゃってこれほどきつかったのを忘れてました><;
やっぱ毎日続ければやせますね、こりゃw
ウサギと亀のウサギのように、トンコツ替え玉している場合じゃないっすね^^;
もう一度、新隊員からやりなおしまーす!ww

テーマ : ビリーズブートキャンプ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

長浜ラーメン 一番軒

名古屋市名東区にあるラーメン店を紹介します。
ダイエー引山店前の通りを千種方面へと進むと左手にお店が見えてきます。

一番軒
「店構え」
駐車場は広く、20台入ります。
すなわち20かけるn名の人が入ることにw
テレビで紹介される前から行列でしたが、平日の昼間は比較的穴場です。
もちろん、それでも並びますw

チャーシューメン
「チャーシューメン、食す(ラ王さん風にw)」

このお店にラーメンの種類は他にも数種類ありますが、スープはひとつ。とんこつのみです。
具に何が乗るかでメニューが分かれています。

自慢のスープ&麺
「とんこつスープに絡む細麺」
スープが1種類というストレート勝負だけに、一番軒のとんこつスープは特徴があります。
全体的な感じではクリーミーで、とんこつ特有の重さがありません。それでいてこくがあるのであっさりでもないのです^^
麺は細麺。
スープに絡めたい場合はちじれ麺や太麺などがよく使われますが、とんこつ系はスープが絡みすぎるとくどくなるので細い麺が使われやすいです。
さらに、麺の固さが柔らか目から固目まで好みで選べますので、最初に何を頼んだかでこの店の第一印象が変わることでしょう^^
「やわめん」「ふつうめん」「かためん」「ばりかた」「はりがね」とメニューにはありますが、通の話だとメニューにないそれ以上の固さも選べるそうです。
私は麺の歯ごたえが好きなのではりがねです。

この塊は?
 「ん?この塊は?」
これは生ニンニクです^^
通常、ニンニクのビンや焦がしニンニクなどがありますが、こちらのお店の場合面前でニンニクをつぶして入れます

え?食べ終わってからなぜニンニクを頼むかって?それは・・・

一番軒替え玉
「さっ!」
そう。替え玉ができるんです。しかもそのお値段は100円
チャーシューが2枚のノーマル「長浜ラーメン」が550円。+100円で2杯食べれてこの美味しさがまた味わえます。
ということで、2杯目はスープに変化を加えるためにニンニクを注文したのでした^^
スープを好みに加えるため、ゴマ・ショウガ・コチュジャン・酢なんかがカウンターにおいてありますよ☆
ニンニクは、その日は一日臭くなります(強烈ですw)
なので翌日が休みの日に入れましょう。
けして会社のランチで入れてはいけませんよ(笑)

■長浜ラーメン一番軒
■住所:名古屋市名東区猪高町猪子石原1-1303
■電話:052-772-9393
■営業:11:30~14:30,17:00~24:30
■定休:月曜日
■駐車場:20台

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

セットバックについて

kakawawaさんから”外構の時期”への質問がありましたので、今回はその話をしたいと思います☆

kakawawaさんがおっしゃるように、外構は家が建ってからでも遅くありません。
私も実際の家を見てからカーテンや外構を決めたいのが本音です。

なぜこの時期に決めているかというと、以前にちらっと話したことがある「セットバック」をする必要があるからなんです。

【セットバックとは】

家の前の道

上の写真の外壁の前の道をご覧ください。
この道は、道幅が2.2mほどしかなく、離れやその奥の家が火事になった場合に消防車が入れない状態です。
そこで、「4mに満たない道路に面している部分へは塀や住宅などの固定物を作ってはいけない」という建築基準ができ、もしそれを守らない場合、最悪、作った家を建て壊す必要があるそうです。

イメージとしてはこんな感じです(クリック拡大)

セットバックのイメージ


つまり、家が建って完了検査をする前に、既存の外壁を取り壊す必要ができてしまい、当初から外構を考える必要があったのでした f^^;

【セットバックにかかる費用】
当然、外壁を壊せば、それまでの土留めができなくなるため、塀を再び下げた位置へ作り直して土留めをしないといけません。
なので、塀を壊す費用と、さらに下げた場所へ塀を作り直す費用がかかることになります。
取り壊す外壁が30m以上あるため、かなり家のやりたいことができなくなってしまいました

【削除された場所は?】
セットバックにより削除される土地の面積は約25㎡。
その土地は道路扱いだから、税金は必要ないのか?というと別物だそうです。
しかも、向かい側は、図にあるとおり隣家が建っているので、その家が取り壊されない限りこの道路が4mになることはありません。

なんともザル法なんです。

【削除された部分は、一般の人が通るようになるけど、侵入にはならないか】
これについて役場に尋ねたところ、このままなんら策を講じない場合は、将来的に完全な道路状態として土地を放棄したとみなされ、土地が事実上没収されるそうですw
没収されるまで道として皆が通るのに、通行料を取るならまだしも(w)税金を納めるのはナンセンス。
なので、そのことについても確認しました。
すると、将来この道が拡張される(隣家が壊される)時に即撤去可能という条件で花壇やブロックなどをおき、土地の境界を確保しておくよう(役場なのではっきり提言しませんが)な回答でした。

つまり、セットバック後の元の塀までの境界を自分の土地であると確保するために、花壇を作る外構費用もかかる・・・という三重苦の費用でした。

フェンスって、かなり値段が高いですよ~
それが30m以上ですから・・・Orz


最も安いものだと離れの目隠しができず、私としてはほんとに要らぬ費用で泣き所です(仕方ないですけどねf^^;)

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

外構について

今日、明日と連休なのですが、溜まった仕事疲れと夜更かしがたたり風邪を引いてしまいましたOrz
今回の風邪は長引いて、最初は微妙にのどと頭が痛かっただけなのが、今ではのどはハスキーになるは濃い鼻水はでるは・・・と大変ですf^^;

今週は外壁とボードの間に入る防水シートが張られるまで断熱材などの工程へ移らないので、記事も大きな変化は紹介できないと思います。
なので今日は、外構の話をしようと思います。



外構は、当初から3社で見積もってもらい、今現在、一番安かったのは住友不動産の営業さんが紹介してくれた業者です。
基礎の土盛をしてくださった業者なので、社長さんと腕前は問題ない気がします。

デザインとしては他の業者さんのほうがおしゃれにできていますが、私の限度予算内で納めてきたのがその業者。
家の土地が200坪前後あるので、外構をちょっと触るだけでも半端じゃありません。
外壁のセットバックや崩れかけの外壁を付け替えるだけでも何十万(セットバック後の枕木処理をあわせると3桁;)という額になってしまい、デザインを楽しむ・・・なんて余裕がないです。
しかも親は庭の手入れもしてないし、フェンスもボロボロ。
なのでどうしてもそちらに予算を取る必要があるんです^^;(もちろん、土地を残してくれただけでも家に回せるので感謝していますけどね^^)

外構さんへやって欲しい事は、
 1 幅狭道路に面したフェンスのセットバック(詳しくは後日記事で)
 2 同 セットバック後の境界確保のための枕木
 3 同 セットバックした後へのフェンス
 4 隣家との境界ブロックが崩れかけているので交換
 5 家の周りを砂利で囲ってもらう
 6 車が入りやすいように入り口の幅を広げる
 7 入り口から車庫までのアプローチ
 8 玄関のGLと入り口の高さに差があるので、玄関までのアプローチ(できればスロープ付)
 9 2階バルコニーの屋根
 10 サンデッキ
 11 物置
と、ほぼ一般的な内容です。
 
予算が回れば、
 1 ガレージ
 2 外壁からリビングの間のブラインドを兼ねた植木
 3 既存庭の境に四ツ目垣
 4 庭の手入れ
・・・などとありますが、おそらくここまでは予算が回らないことでしょうw

外構の予算は、案外かかります。
なので後から考えると予算が組めなくなる場合もありますので、見積もりだけは取っておいたほうが無難ですよ☆

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

階段設置・・・?w

階段完成!?w
「じゃ~ん☆」

上棟打合せ後の見学です^^ 我が家にも階段が設置されましたw


階段横から
横からの角度はこんな感じ。
もちろん写真は階段ではなく梯子なんですが、旧家はもともと平屋だったのを2階に増築した関係で、殆ど同じような角度だったんですよ^^


旧家の梯子・・・もとい階段
 「証拠写真w」

ご覧のように急な階段でしたので、この梯子さえ簡単に登って(缶コーヒーのお盆を持ちながらw)、二階の打合せができました。

しかし!棟梁さんはもっとすごい!!
上の写真の梯子を一階まで下りるのに、2秒かかりません!!
たん!たん!っと、1段飛ばしで走って降りるのにはびっくりしました(爆)
一流の何気ない技ですね~^^

写真ついでに、ひとつお話を。
旧家の写真は解体数日前のキッチンですが、ご覧の通り 壁もボロボロ。
リフォームするには”基礎を含めたほぼ全てを改造”しなければならず、4000万円超の見積もりでリフォームをあきらめました^^;

新しく建てると、同じ値段でも半分くらいの坪数しか建てれませんが、必要以上の大きい家はもうお腹一杯。
使っていない部屋の障子が破れたままになっていたり、「開かずの部屋」状態の部屋もあったりと、部屋数の多さの欠点も目の当たりにしてきました。
リビングとか 各部屋は広くてよかったですが、家にいる時間より外にいる時間のほうが多いわけですし、部屋数も多ければよいというものではないです(きっぱり)。

家は、「いかに毎日が住みやすいか」がもっとも大切だと思います。機能的でできるだけ小さい方が次の世代に優しいです(しみじみ^^;)
それでいて尚かっこ良ければ最高ですが、その辺りはお家にかけられる予算しだい。
HMも商売である以上、予算以上のクオリティーは難しいでしょうね。
予算以上の完成を求めるのは施工主の心情ですが、それを求めすぎてしまった場合、かなわない壁を自分で作ることになり家作りがストレスになるだけというシビアな面も持っています。

大工さんって、自分で家を作るのかな?
自分の業界だけに色々事情を知ってそうで面白いブログになる気がします^^

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

バリバリ伝説

以前紹介した漫画「頭文字D」と同じ作者の名作です。

「誰よりも速く走りたい」
その激情にも似た思いを胸に峠を走る高校生が主人公、巨摩 郡(こま ぐん)。
気ままな高校生活が、関西からの強力なライバルとなる転校生やレースへの参加と・・・周りに変化が訪れてきます。
人との出会いで未来が変わっていく主人公。それとも出会いそのものが運命だったのか。

ハードボイルドな面と純粋な面の両極端の描写がうまい、作者ならではの作品です。

■バリバリ伝説
■作者:しげの秀一
■講談社 Kodansya Comics
■全38巻

カメッ!


テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

勝手口

今日も雨ですねー
外壁の防水処理が早く終わって欲しいものですf^^
雨は明日も続くみたい。
月曜日が仕事休みになったので、今の段階で雨の浸入がないかをチェックしてこようと思います。

さてっ☆今日は勝手口を紹介します

勝手口閉
こちらが我が家の勝手口です。
 ■三協立山アルミ
   (商品紹介HP) http://www.genkan.net/guide/katte/index.html

この外側に格子がつくそうです。

勝手口開
「窓を開けると採風が」
採風・採光が好きなので、これを採用しました。
近くにコンロが来るので、換気にも効果がありそうです。
心配なのは防犯面ですが、「採風タイプだから~」と必要以上に心配しても仕方ないですねw
実はそれよりも、格子に網戸が付くかが心配。
たしか付くような事を言っていた気がしますが、はっきりと覚えていませんf^^
もし付いてないと、夜なんか虫が入ってきそうですね(笑)

【おまけ】
ところで、うちは勝手口が2つあります。
理由はまたの機会に^^

テーマ : 住まい - ジャンル : ライフ

屋根瓦工事

※前回の工程「バルコニーのFRP防水」からの続きです。

屋根の瓦
とうとう瓦が我が家にもお目見えです!
屋根は、以前にも紹介した
 クボタ松下電工外装「コロニアルNEO」ココナッツブラウン
   http://www.kmew.co.jp/roof/index.html
です。

今年の12月に生産終了らしいので、この辺でコスト節約したのかなw
屋根は、多少色あせても雨漏りさえしなければいいかなーと思います。交換ともなると坪単位でのお金となるので、できる限り長持ちして欲しいですねー

雪止め
出っ張っている金具みたいなものは「雪止め」用の金具だそうです。
ここに長い棒でも固定して、雪を下に落とさないようにするのかな?それともこのままなのだろうか。

→調べてみると、このままで完成のようですね(違っていたら教えてください^^)。
名前のとおり、屋根に積もった雪が下へ落ちるのを止める役割。
 ・ 屋根から落ちた雪で車庫や車がへこむ
 ・ 植木や近隣のフェンス等を割ってしまう
等の被害を防止するために取り付けるそうです。
うちは雪は少ないほうですが、時々沢山降る年があります。雪が勝手口や玄関には落ちないように、屋根の向きを考えたのですが、こういったものがあるならさらに心配も減りますね☆
屋根デザインの制限も緩和されるかも^^

雨といは、標準の
 クボタ松下電工外装「シビルスケアPC50」
  ■HP
    http://national.jp/sumai/amatoi/index.html
です。
中に葉っぱや雪が溜まるのを防止する「落ち葉よけネット」「マルチカバーⅡ型」がありますが、付けた方がいいのか検討中です。

屋根の色は、日が当たると茶色が際立ち、日が暮れると黒に近い?落ち着いた色です。
屋根の足跡は、最後に掃除してくれるかなー(笑)


おまけ
調べていたら、屋根の勾配について注意ポイントが。
通常、屋根の勾配が5寸(5/100勾配)以上の勾配は、”急勾配”と扱われ、ちょっとした補修や交換などでも屋根用の足場を作る必要が出るので、メンテナンス費用に注意するそうです。
案外、屋根を考える上で重要ポイントですよ☆


※次回は「外壁防水シート張り」です

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

例のモノ確認☆

打合せの際に、営業さんから例のモノを持っていていただきました。

ドアストッパー
「ドアストッパー」ですw
左が以前紹介したウッドワンの旧型のもの。右が新しく出たウッドワンのマグネットストッパーです。
旧型のほうは、なんとなくプラスティッキーで好みじゃないですが、光物が好きな私にとって新型のストッパーは気に入りました。
もっとも新型といっても結構前からチェックはしてたんですけどねw

ロック選択式
「ロック選択機能が付きました」
上の写真は、床の丸いほうとドアに付ける方をくっつけた状態の写真ですが、右の金色のほうにすると、毎回磁石にくっつくだけで、ロックはかからない状態で開閉できます。
左の銀色状態にすると一度磁石にくっつくと風などであおられても閉まらないロックが自動的にかかります。
旧型は、毎回ロックがかかり、足で金具を踏んでドアを閉める必要がありましたが、新型はどちらかを自分で選択できるメリットがあります。
マグネットのくっつき具合も新型のほうが強くなっていました。

気になる大きさですが・・・
こんな感じです
ドアが納まりきっていない写真で申し訳ないですが、「そのうち慣れるし壁際に付くので大丈夫かな?」って感じを受けました。
普段は開けっ放しにするのでロックは欠かせませんし、といって毎回ロックが必要ない状況も出てくると思いますので新型を選ぶことにしました^^ノ
(ロックの解除はどうやってやるんだろw)

テーマ : コレ知ってる? - ジャンル : ライフ

上棟打合せ終了 ~後編~

前回の打合せの続きです。

【電気屋】
電気屋さんとの打合せは長くかかりました。
おそらく、ここで前もって室内を見学していたかによって、打合せの時間が大きく変わると思います(もちろん、スイッチ類を検証しながら見学した場合ですけどね^^)。
図面での段階で意識的にスイッチ類を増やしたつもりでしたが、実際に各部屋を回りながらスイッチ類を考えると「ここにも欲しい」「ここにもあった方が」と、増やしたい部分が出てきました。
”迷ったら付ける”事にしたので、スイッチ類が増えました。

コンセント位置決めの様子
「スイッチ・コンセント位置決めの様子」

 ・ スイッチ、コンセントの位置や高さ
 ・ LAN、スピーカーケーブル配管の位置
 ・ 照明器具の位置
 ・ インターホンのモニタ位置
 ・ 分電盤の位置
 ・ 屋外コンセントや電気メーターの位置
 ・ エアコンの設置位置のアドバイス
 ・ 契約アンペアのアドバイス
 ・ 天井スピーカー取付け用の補強板の位置
これらが主な決定内容です。

どれも位置や高さによっては毎日の生活に微妙に影響してくる部分です。
一般的なものは、標準の位置や高さにお任せしましたが、
 ○コンセント
   ・ 台所カウンターに、後付食洗機用およびミキサーなどが使える高い位置へ追加
   ・ 基本的に対象となる位置に追加
   ・ リビングの各スピーカー用コンセントを追加
 ○照明
   ・照明が便座や部屋の中央となるように位置調整
   ・キャットウォークの照明追加☆
 ○スイッチ
   ・リビング側からもダイニングキッチンのスイッチが操作できるように分岐を増加(逆も)
   ・キャットウォークの照明を手元で操作できるようにベッド近くの高さへ追加
    (勾配天井の吊り下げライトはリモコン操作)
   ・ホタルックスイッチの位置確認
等は、注文しました。

 エアコンの設置位置についてのアドバイスは、
  ・ カーテンレールの位置によって、クーラーの幅や取り付け位置に制約ができる
事を教えていただきました。
 カーテンレールは、窓の枠内に収まるタイプのカーテンと、窓枠の上に取り付けるタイプのカーテンがあり、窓枠の上に取り付けるレールの場合はエアコンの幅の制約ができるため冷却容量に制限ができ、大きな部屋などを一つでまかなえなくなる可能性があるとの事です。
もしくは、エアコンを窓が付いている壁以外の壁に取り付ける(エアコンの向きが変わる)場合は大型のエアコンが取り付け可能だそうですが、カーテンの種類、レールのタイプは気をつけたほうがいいですね。

こちらも後々のためにそれぞれの位置の写真を撮影して置きました。

【監督・棟梁】
監督さん、棟梁さんとの打合せは、主に
  ・ 下地用の補強板の位置
  ・ 釣り天井の説明
  ・ 今後の流れ
  ・ 日曜日の見学許可
です。
 
○ 補強板(下地板)の場所
 軽いものなどは壁(石膏ボード)へ直接打ち付けることができますが、姿見や壁掛けテレビなど重いものを取り付けたい場合に石膏ボードへ取り付けるのは困難です。 なので、柱の部分を探してそこへネジなどを取り付ける形となります。
 うまい具合に取り付けたい場所にパネルの柱がある場合は問題ないのですが、微妙な位置に取り付けたい場合などはそこに柱がなければ無理です。
 そこで、ボードをはめる前に下地の板を埋め込み、その板の位置ならどこでも取り付けができるようにします。
 下地板は、
    玄関 : 姿見取付け用
     DK : 壁への絵画設置用
  リビング : 天井スピーカー取付け用
    和室 : 神棚取付け用
    屋外 : 流し取付け用
に注文しました。

 姿見設置場所
「姿見場所(クリック拡大☆)」

天井スピーカー設置場所
「天井スピーカー設置場所(〃)」

○釣り天井の説明
 釣り天井の施工タイミングはいつになるのか訪ねたところ、これからの工事だそうです。
 イメージが付かないので具体的にどのように設置されるのかを教えてもらいました。

 棟梁さんによる解説
「棟梁さんによる解説」
ご覧のように、実際に金具と木を用いて説明をしてくださいました。
夜勤での睡眠不足&熱気味な私は100パーセント理解できなかったかもしれませんが、こんな解釈をしました^^

My解釈
「私の解釈」(クリック拡大☆)

通常の施工ですと、1階の天井裏と2階の床根太の下面がくっつく形で施工されますが、釣り天井方式の場合、1階の天井を取り付ける柱と2階の床根太が別のため、上の階で歩いた時の”ミシッ”音が軽減される仕組みだと思います。

正しい解答は
 ■住友不動産の釣り天井説明ページ
   http://www.sumitomo-rd.co.jp/sekai/technical/tech09.html
ですf^^

○今後の流れ
 今後は、外部が防水シート、内部が断熱材施工に入ります。
 「水の浸入はありませんので」と断熱材の施工を先に薦められましたが、万が一のこともあるので先に外部の防水処理を完了してからと断りました。
今まで雨にやられてきただけに、ここは絶対譲れません(ビジネスw)
 
 大工さんの腕については信用しています。たとえ万が一のことがあったとしても住友不動産へしっかり保証を求める(交渉面は得意分野w)ので、仕様ミスや位置などをしっかりチェックしたいと思います。
 「最後まで信用しちゃだめですよ」と、監督さんが冗談交じりに突っ込みました(笑)

 エアコンのエアパージは立ち会うことにお願いしました。
 なんでも、「真空引き」という方式が大切らしいので、そのように施工されるか確認するためです。
  ■真空引きについての解説HP
   http://members.at.infoseek.co.jp/aircon2003/

○日曜日の見学許可
 平日での建築見学がほぼ不可能なため、工事関係者がいない日曜日、または平日の夜に見学できるよう、鍵の暗証番号を教えて欲しいと申し出たところ、きっぱり拒否
 いろんな方のブログを見ると夜に入ったりしている方もあるので、入れない理由を聞いてみました。
 【理由】
 ・ いないときに入って、怪我をした場合、監督が会社を首になる
   本来、建物の受け渡しまでは住友不動産所有の財産であり、許可なく鍵を開けたり入ってはいけないそうです。
   例え施工主が自分の意思で入ったとしても、最終的には監督不行き届きの処分となるとのことです。
 
 ・ 万が一、鍵をかけ忘れて帰った場合、中の資器材が盗難に遭うおそれがある
   (例え、業者がかけ忘れて帰り、そこで盗まれたとしても、施工主が盗んだと疑われる可能性も出てくる気がしました)

 ・ 中の資器材や施工中の物を勝手にいじられるおそれがある。
   もし触って汚れや傷が付いた場合、施工主が勝手に入れない状況であれば全て交換の補償がきくが、勝手に入れるような状況だと施工主が汚した疑いもかけないといけなくなる
・・・とのことです。
その代わりに、
 ・ 会社が休みでも連絡をいただければ監督が立会いに来てくれる
とので、なんら遠慮は要らないとの回答でした。

私は、このスタイルに賛成です。
企業の責任問題として当然の管理体制と思います。
どの職場でも、夜や休業日に許可なしに侵入できる状況は問題がありですね^^


・・・と、このような話し合いで、3時間弱かかりました。
昼飯なしに13時まで話し合い、皆一斉に昼飯を食べに(笑)
なんとか及第点の打合せができたし久しぶりに家の中を撮影できてよかったです^^b

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

上棟打合せ終了~前編~

本日朝10時より、上棟打合せが行われました。
賞味3時間。
前日の残業で、あまり話すべきポイントを思い出せないまま始まりました打合せ。
その模様は・・・

【顔合わせ】
9時に「恵那寿や」で栗きんとんを購入。
その後高速を使い10時前に実家に付くことができました。
すでに業者さんは全員お揃い。
  ・ 営業
  ・ 監督
  ・ 棟梁
  ・ 電気屋
  ・ 水道屋
  ・ ガス屋
の6名です。他に大工さんが屋根周りを工事していました。

まずは、外から各スイッチ、メーターなどの位置を決めていき、中の位置を決めていきました。
打合せはリビング(仮)でw
「石膏ボードがテーブル代わり^^」

【水道屋】
水道屋さんとの打合せでは、
  ・ トイレなどの配水管の位置
  ・ それを隠すために壁をふかすこと
  ・ 手洗いや洗面施設の設置イメージ
等を話しました。
屋外では、散水栓の配置場所や屋外排水の確認を行いました。
さぶ&アーチャーさんのブログ「きままに建築日記」の記事で、バルコニーの水栓位置決めがあることを思い出し、事前にイメージができていましたのでこちらはすんなり決めることができました(感謝です^^)
どの業者さんとも、決めた位置については写真を撮り、後のときに備えました。

設置イメージ
「設置イメージを床に記載」
イメージ位置が書かれていると、より分かりやすいですね^^
手すりの話に話題がそれて、どの辺に手すりが付くのか聞いたところ、実際にエア便器をして実演していただき、すごくイメージがわきました(w)。

吸気弁
「2階トイレ用の吸気弁」
二階のトイレには、排水を補助する吸気弁が取り付けられるとの説明を受けました。
すかさずカメラでパシャリ☆
使用機材は、前澤化成工業株式会社「スリム吸気弁」という製品でした。
  ■会社のHP
    http://www.maezawa-k.co.jp/
なんでも、”ドルゴ通気弁”という、スェーデンで開発された屋内排水用通気弁と同等の機能で、2階のトイレを排水すると排水したトイレからゴボゴボッと音がするのを防止するそうです。

以前話した「音シーン」という防音パイプは、排水用パイプのみ使うそうです。


【ガス屋】
うちはオール電化ではないので、ガス屋さんとの打合せもあります。
 ・屋外ガスボンベの位置
 ・屋外給湯器の位置
 ・室内ガス栓の位置
を決めました。
ダイニングキッチンでは、ダイニング側の壁に、すき焼きコンロやガスファンヒーターが設置できるよう、ガス栓を設置しました。旧家では、キッチンから長くガスホースを伸ばしてすき焼きをやっていたので、テーブルを置く近くに一つ欲しかったのです^^
追加料金なしであと2つ付けれるということで、「どうせなら」とリビング、ユーティリティスペースにもつけてもらうことにしました。
こちらは専らガスファンヒーター用になると思います。



水道屋さんとガス屋さんは特に迷う部分はなく、早い段階でお帰りになりました。
あとは、電気屋さんと棟梁さんとの打合せです。
こちらについては後の記事でアップします。

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

今日は上棟打ち合わせ

今日は10時から上棟打ち合わせがあります。
でも夜勤の残業で帰ったのが夜中w
今から寝て、栗きんとんを買ってから実家へと向かいますが・・・

思わぬ残業のため、打ち合わせでの事前シミュレートができなかった・・Orz

何か確認漏れが出そうな予感ですが、アドリブで対応していこうと思いますf^^
ついでに日曜日とかに来ても入れるようお願いしたいな。

打ち合わせ結果は、また後ほど。アデュー

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。