スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙の果てを考える

大学も文系出の俺ですが、今日の電車出勤と電車帰りの間、ず〜っと気になって考えていました。

4次元ってどんな次元なんだろう
ってことです。

以下は素人の想像の話ですので、万が一専門の方が読まれた場合、冷笑せず温かい目で見てやってください^^
(できれば素人に分かりやすい説明をしてくれると勉強になります♪)

よく、「n次元に生き物がいるとしたら、n+1次元の世界は想像できない」 と言われます。
たとえば、3次元に住む生き物の私たちは、4次元の世界がどうなっているのか想像できないと言うのです。
それもふまえて、1次元から考えて見ました。

【1次元】
点(0次元)が集まったの世界。
幅も高さも無いけど、点が集まった長さがある世界。

超小さな一つの点は0次元。
0次元のが隣り合わせで重なり合うとになります。
. . . . . . .(0次元) → ______(1次元)

線に住む1次元の生物は、線が隣同士重なってできた平面の世界が見えません◆。
すぐ隣に別の線が重なっているのに、です。
逆に、平面の世界に住む人(2次元の生物)は、自分の次元は線(1次元)が集まってできている世界だと理解できます。

【2次元】
二次元は平面。
高さも幅もない1次元(線)が集まり平面となった世界。
幅の世界はありますので、線が集まって平面ができますが、二次元の世界はその平面でできた世界です。
____
____(1次元) → (2次元)
____

高さと言う3次元の世界は想像できませんので、平面が高く積み重なってできる立体の世界が見えません。
すぐ上(下)に別の平面の世界(二次元)が重なっているのに、です。

さいころの上を動いている二次元生物は、さいころの角まで来ると「世界の果て」と認識し、下に直角な平面が続いているのは見えません。
逆に3次元に住む私たちは、自分たちの世界は「2次元が重なってできた世界(高さ)」だと理解できます。
虫はさいころを当然のようによじ登り、角まで来ると下へと下りて行きます。
二次元の世界の人には、あちこちに虫の足跡が現れては消え、別のところに足跡が急に現れる・・・「わっ!?」そういった光景でしょう^^

では、この文章にならって、3次元の世界を説明して見ましょう。
すると、4次元の説明が出てくる部分で私の思考では想像つかない何かが見えてくるはずです!w


【3次元】
立体の世界。
2次元の世界(平面)が重なってできた世界。
高さの世界はありますので、平面が上下という3次元世界へと重なってできた世界です。

 ◆
 ◆(2次元) → (3次元)
 ◆

●●という空間世界がある4次元の世界は想像できませんので、立体(3次元)が●●く隙間なしに重なってできる●●(4次元)の世界が見えません。
すぐ○○に別の立体(3次元)が重なっているのに、です。


あなたは、ここに何の世界を入れますか?

【ここまで出勤中】
3次元がすぐそばで重なり合っているのに、私たちは自分の世界はこの世界しか見えません。
4次元世界の生物は、私たちの3次元空間が隙間なしに重なり合っている状態が見えているはずです。
3次元を4次元の視点から見ると「立方体」なのか「球」なのか。どちらも隙間無く永遠に重ねることはできます。

また、私たち3次元の生物は全て「縦×横×高さ」でできていますが、4次元の生物はそれにもう一つ加わった「形」をしているんです。
どんな形か想像できますか?w

4次元の世界を「3次元のこの世界が少しずつ時間がずれて重なっている世界」とする考えもあるそうですが、私は時間(速さ)がこの次元説明に加わってくるものなのか疑問です。
いくら光速で別の3次元(今、自分がいる世界と時間が若干ずれている世界)へ飛び出せるとしても、「袋に入ったりんごを袋を破らないでとりだす」説明ができないように感じるんです。

私は時間と別に、やはり何か別軸の重なり合う方向がある空間世界じゃないかな〜と思います。


(続き)
【帰りの電車で】

【4次元】
○○の世界。 ←無限?
3次元の世界(立体)が重なってできた世界。

●●の世界はありますので、立体が●●という4次元世界へと重なってできた世界です。

△△という空間世界がある5次元の世界は想像できませんので、●●(4次元)が△△く 隙間なしに重なってできる△△(5次元)の世界が見えません。
すぐ△△に別の●●(4次元)が重なっているのに、です。


もう、3次元の文系素人では説明(想像)できない単語が増えてきましたw

捻出して唯一理解できるのは、
立体(3次元)が●●という4次元世界の方向へと重なってできた世界
という部分です。
最初の疑問「4次元ってどんな世界だろう」という漠然とした疑問から、電車の時間を利用して「4次元って、3次元の立体が●●方向へと重なりあった世界なんだ」と達成できましたw

じゃあ、●●方向ってどこ?って部分ですね。


【4次元の●●方向とは】
われわれが理解できない世界、方向が4次元だとすると、われわれの永遠の疑問に心当たりありませんか?

「果てしない宇宙って言うけど、宇宙に果てが無いとしたら先っちょはどうなってるの?」
「万が一にも宇宙に先っちょがあったとして、その先っちょの向こうはどうなってるの?」
「宇宙のまた向こうに別の宇宙があるって言われるけど、その間を結ぶ空間ってどんな空間?」
「ビッグバンから宇宙が広がって行き、今の宇宙世界が誕生し成長している、って言うけど、”ビッグバンを包んでいる空間”ってナニ?」
「”ブラックホールに吸い込まれた質量は、別の場所から同じ質量分吐き出されるホワイトホールがある”って言うけど、それをつなぐトンネルって宇宙空間(肉眼)で見えないよね?」
って部分です。

これって、説明・想像つきますか?^^
なんか、この先に4次元へのキーワードが隠されているような気がします。

【4次元の世界の生物】
私には、宇宙に先っちょ(果て)があるのか理解できません。
また、ビッグバンが始まる「無」の時代、そのビッグバンが始まる以前にあった回りの空間(または、それを更に包む空間)、それは宇宙を包む何かの空間であると思いますが、それは4次元の人なら普通に説明でき、見えている空間なんでしょう。
もしかするとビッグバンが始まる空間は、重なり合った別の3次元空間同士の隙間だったのかもしれません。

4次元の人は(仮に人の形で現れたとして)、壁を通り抜けることもできるし、突然私たちの3次元世界から別の隣り合う3次元世界へと移動して消えてしまうこともできます(またはその反対)。
メビウスの輪も普通の輪に戻すことができるし、袋の中のものを袋をあけないで取り出すこともできるでしょう(もしかすると袋に顔を突っ込んで食べてしまうかもw)。

【いたずら】
3次元の私たちが、2次元・1次元へいたずらができるように、4次元の人は私たちの及ばないところでいたずらができるでしょう。
3次元の人が二次元の世界に落書きができるように、4次元の人は私たちの空中に落書きをすることができるんだと思います。

もしかしたら、古代、空から舞い降りて知恵を授けた神は、4次元世界の生物が現れたのかもしれません。
4次元の人なら海を割ることも簡単でしょうし^^

また、4次元の人は立体が4次元の方向に重なってできた形をした生物だと思いますが、私たちの目では3次元の部分までしか見えないので、「妙な立体物」に見えるかもしれません。
それはUFOだったり、プラズマだったり、突然と消える幽霊に見えたり・・・w

【もし、重なり合う3次元空間が少しずつ時間がずれているだけの世界だとしたら(4次元の方向が時間方向としたら)】
タイムマシンができそうです。
装置で光速以上の速さに達し、隣(またはさらにその隣)の時間がずれた3次元世界へと移動することで、過去や未来(もちろん、出発した場所とは別の3次元世界)に行ける。
そこでまたその装置を使い、元の3次元世界へと戻ると、そこで出発するのを見送った人は、全くタイムマシンは動いていないように見える。
(しかし、戻ってきたタイムマシンや運転手は老けている?)
う〜ん、ジョンタイター氏の世界に突入してしまいそうなので、ここで一時ストップしますw
(りんごを取り出す説明がつかないし・・・)





とまぁ、なんだか、色々結び付けてしまいたくなる想像でしたw

電車の中でこんなことを考える俺ってw

【お願い】
専門の方がいらっしゃったら、分かりやすく上の方程式を埋めて欲しいです

【さらに漠然とした理論】
「3次元の人は3次元のものを自由にいじることができる(粘土遊び)」
これって、2次元の世界の人には脅威です。
四角い粘土をぐにゃっと握った場合、平らな粘土の世界にいた二次元生物は、突然目の前の空間が消えたり、飛び飛びで平面が現れたりとビックリすることでしょう。
ましてや自分がその場にいたときにグニャっとされたら、自分がいた平面世界から別の層の平面世界へと移動させられてしまいます。
二次元生物にとって、周りにいた友達は急に消えてしまったA君に驚くでしょう。
A君はどんな負荷がかかるのでしょうか・・


同じように・・・
「4次元の人には4次元のものを自由にいじることができる」
これって3次元の人には脅威です。
いきなり○○とされて・・・その場にいた3次元A君は、いきなり別の3次元世界へと移動されてしまいます。
周りにいたA君の友達には、A君が急に消えてしまったように見えるはずです。
4次元の人が何をした時に、私たち、また、すぐそばで重なり合う別の3次元の人たちに影響が出るのでしょうか。
そうした事象が無いことからも、生物って3次元の世界にしかいないのでしょうか・・・
4次元だけではなく別次元の世界って・・・
考え始めるとわけが分からなくなります。

最近5次元の世界を表現された方がいるそうです、そういった方の思想ってすごいですね〜^^
スポンサーサイト


テーマ : 一人言 - ジャンル : 学校・教育
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
私の頭は途中でもうパニックですw
私は何系でもないからな〜
現実的で想像力も乏しいし ^^

風トモさん、出勤前からもの凄いこと考えてますねw
私はいつも空がきれいだな〜とか一日の仕事の段取りとかw
平凡でつまんないコです ^∀^
Sora | URL | 2007/09/16/Sun 23:22 [コメントを編集する]
ええ^^;
宇宙の果てなどは、子供のころから疑問だったんですが、まさか通勤途中に考え始めるとは思いもしませんでしたf^^
たぶん「地下鉄」という3次元空間の中で、景色が見えないからでしょうか(笑)
風トモ | URL | 2007/09/17/Mon 00:03 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/192-62b1035d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。