スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備について

現在、住友不動産のJアーバンで建築中ですが、この不動産を選んだのはなんといってもJアーバンコートのデザインが気に入ったからです。
そのほかの魅力として坪単価が低いのもありますが、反面、安い分の手抜きがないかと工事が始まるまで不安な部分もありました。
しかし、今までの施工を見る限りすごくきちんとしており、宣伝をしないことや営業が少数精鋭なこと等が理由と聞き、納得しています。
「重要なのは会社ではなく、担当する人なのではないか」と思うこのごろです。
(もちろん、現時点での感想ですw)

このように、同じ間取りでも比較的安く建つHMですが、やはり設備を変えるととたんに値段が上がるのは他のHMと変わらないようですw
私は「毎日使うものはできうる限りよいものを」がモットーで、今回標準設備を変更したのは
  ・ キッチン
     新しい物好きなのでTOTO A型キッチンに
  ・ お風呂
     同じヤマハのTZシリーズへ
  ・ トイレ
     一階をTOTOネオレスト、2階を1階メーカー標準のTOTOに
  ・ 洗面
     TOTOのクリアZ

と・・・ほぼすべてですw
D:5の内装をみてもそうですが、外見はこだわらず内装を充実させる癖が自分にはありそうですf^^
もちろん他のクロスやフローリング等も変えたかったのですが、予算が回らず残念;;

特にお風呂とキッチンは気合を入れたので、値段がかなり上がりました。
それでも長く使うものですし、満足できるものを選ぶことができました。
それぞれについては、いつか詳細をアップしたいと思います。
もしこれが坪単価が高いHMだった場合、内装をかえるまでの予算はさらに回らなかったでしょう。

他の変更に、フローリングへの定期的なワックスがけが面倒なので、水拭ができるようUVコーティングをしてもらう予定です。
テカテカになりすぎてしまうかが心配ですが、おそらくワックスがけよりはプラス効果があるのではないかと予想しています。


【ワンポイント】
その1
細かな設備仕様が決まる前に、営業さんへ「標準設備のメーカー名・設備名・型番」を聞いておきましょう。
(例:先ほど挙げた設備のほか、サッシ・窓ガラス・ドア・照明・クロス・外壁・給湯器・インタホン等も)

型番が若干違っていても、たいていの標準設備は 同じ装備内容のメーカー商品が一般で売られています。
なので、メーカーの標準仕様がそのメーカーのどのグレードに当たるのかを判断する材料となります(どのメーカーに割引が強いのかもわかります)。
型番でわからない場合は、その設備メーカーに問い合わせると相当商品名を教えてくれると思います。
もし、その設備に必要な(不要な)機能がある場合、グレードを換えたりオプションを換える等すると、設備価格を若干抑えることができます。
 たとえば私の場合、洗面設備が朝の出勤時に頭を洗える深いボウルタイプにしたかったので、クリアZシリーズに交換したら、標準より数万円安くなりました^^
 逆に、少しでもオプションを変更すると とたんに値段が高くなる場合がありますので注意です。

その2
外構・ローン手数料などの予算も頭に入れておく

離れのリフォームも控えていますので、外構の予算がぎりぎりです。
家は小さいのに(w)土地が広いので、フェンスで囲うだけでも何十万の世界・・・
さらには、家の前の道が4mないので、やりたくないセットバックも必要となり(しかもその道を拡張する予定は今のところ全くないそうです;;)、「内装のオプションや外構を切り詰めてまで なんでセットバックを・・・」と歯がゆいですf^^
家に予算をかけすぎると、外構まで回らなくなりますので、外構の設備・予算なども考慮しておきましょう。
スポンサーサイト


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/218-f4f864a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。