スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下のチェック

日曜日の見学の続きです。

お風呂場の小道具類が片付けられ、何もない状態になっていました。
いよいようちもユニットバス導入が近いのでしょうか!?(ドキドキ)

以前は小物入れ状態w
ご覧のように、シートやテープなどの小道具が入った箱状態でしたが・・・


(ハープのBGMで
フロの現在
今ではすっかり綺麗になっていました

お風呂は1.25坪タイプですが、ぱっと見た感じ家の基礎を見たときの印象よりも狭く感じました。
ほんとにユニットが入るのかな~w

今回のチェックポイントも、後々に重要な箇所となってきます。
ずばり、”床下の状況チェック”です。

なぜ床下のチェックが重要かというと、
 1 木片、カンナくず、クギ、タバコの吸殻等のゴミを床下に残したまま施工する業者さんがある。
 2 漏水のチェック
 3 虫などの状況
などが判るからです。

とくには重要で、それらが床下に残ったままとなることで、水や湿気を含んだりカビや異臭の原因にもなります。
また、2や3の点検をする際にも、ゴミが邪魔や怪我の原因となったりしてしまいます。

「見えない部分や監視がいない時でもしっかり仕事ができるかどうか」
これは建築だけではなく全ての仕事にも言えるでしょう。
中を覗いてみると・・・

床下の様子
「綺麗でした~^^」
さすがです☆

この時勢、ここにゴミを残す業者は少ないものと思われますが、万が一もありますし点検はしておくといいでしょうね。

【おまけ】
三洋電機さんが、床下点検専用ロボットを開発し、実用化のめどが付いたそうです。
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0711news-j/1107-1.html
来年の秋からテスト販売開始。
搭載バッテリーはリチウムイオン電池で、140分までの連続使用が可能。
これで汚れることなく点検してくれそうですね^^

価格は・・・・・「PCプログラムを含めて100万円を割るくらいにしたい」そうですw
もし奥のほうで挟まったら・・・@@(笑)
スポンサーサイト


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
お風呂近し?
多分、1618サイズのユニットバスにされたんですね。洗う場所が広いって、やっぱり快適でしょうねぇ。
我が家のお風呂はちょうど1坪、1717というサイズです。
心配したほど狭くはなかったのですが、やはり洗う場所がもうちょっと広いと嬉しいという感じではありますね。1.25坪サイズなら、そう言ったこともないでしょう。うらやましぃな〜。
rikky | URL | 2007/11/21/Wed 12:14 [コメントを編集する]
>>rikkyさん
お風呂は、皆さん洗い場を広くとられますが、私は1621Wという浴槽が広いタイプを選びました。
なので1.25坪といっても洗い場は広くないんですよw
広い浴槽は水道代などがかかるのでは?と心配もありますが、あえてこの浴槽を選択しました。
理由はまたUPしますね☆
風トモ | URL | 2007/11/21/Wed 21:35 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/278-da6b9ef8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。