スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newton(ニュートン)

私の愛読雑誌で、電車や出勤途中に読むと通勤時間を忘れるくらい集中して読めます。
主に科学や物理学の内容が多く、最新の研究成果や技術研究などが紹介されています。
時には恐竜や古代文明の特集をしたり病気の仕組みについての研究結果も紹介されていたりと、毎月飽きることなく楽しめます^^

この雑誌のいいところは、「蚊はどんな人を好むとか」とか「光通信の速度が1000倍以上の速度になる実験をしている」など、自分たちに身近なことについても書かれていることです。
私のように「最新技術」「近未来」「宇宙」が好きな人ならかなり楽しめます☆

■Newton
■株式会社ニュートンプレス

Newton


なんと!今月の特集は、私が電車の中で悩んだ4次元世界についての特集です。
以前話した4次元についての考察は、おおむね正しかったようです。

私たちがいる3次元世界(4次元時空)の外(方向は縦・横・高さ以外の方向)には「第5の時元(私がブログで考えていた4次元空間)」が広がり、別の3次元世界が存在しているという説で、それらを行き来できるのは重力を司る重力子ではないか?というのが最新の理論だそうです。

となるとブラックホールは、隣の3次元世界(4次元時空)の強力な重力に吸い寄せられているひずみかも?^^
今後の電車では重力について好き勝手に想像しようかな~^^
スポンサーサイト


テーマ : 雑誌(既刊〜新創刊) - ジャンル : 本・雑誌
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/291-5dd5daf1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。