スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコン見積もり

今日は夜勤明け。
実家に行く前に春日井でエアコンの見積もりをしてきました。

この店に行ってみた理由は、
 ・価格コムなどでも開店していて、口コミの評判も悪く無かった
 ・価格も最安値に近い状態であった
 ・ネット通販は安いけど、お店にいける場所で買いたかった
 ・個人だけでなく建築業者への卸も営んでいる
 ・真空引きなど、エアコンの設置も通じている
ことで目に留まったからです。

行ってみたところ、お客さんはいません。
どちらかというと卸業がメインの仕事のようで、机で2名の会社の方が電話注文の応対をしていました。

さっそく家の図面とともに、必要なエアコンの容量や設置場所などの相談を開始。
双方とも交渉満々です(笑)

はじめは様子を探りながら話をしていましたが、相談については的確な説明をしてくださいました。
以下に納得したことについて述べようと思います☆

1 エアコンは壁の短いほうに取り付ける
長方形の部屋の場合、エアコンを取り付ける壁は辺の短いほうの壁に取り付け、辺の長いほうへと風を送る方が効率が良い。
辺の長いほうに取り付けると、風が送られない死角(熱気が滞留する場所)が大きくなり、そこの部分がなかなか冷えない場合がある。

2 6畳くらいなら、辺の短さは大きく影響しない
6畳くらいの体積だと、ほぼ正方形に近いので、どちらの壁に取り付けても影響ないとのこと。
つまり、長方形になるほど、壁が長いほうに取り付けるのはもったいないそうです。

3 6畳の部屋には6畳用のエアコンをつける
昔のエアコンと違って性能が良くなったことや、家自体の気密性が高くなったことから、今は同じサイズ用のエアコンを頼んでも十分だそうです。
  ・窓の面積が多い部屋
  ・吹き抜けや勾配天井などで体積が倍になるような部屋
  ・気密性の低い部屋
等では状況によって上のサイズをつけたほうが良いとのことです。
逆に6畳以下の部屋にエアコンをつける場合、6畳からのエアコンしかないので、例え3畳の部屋でも6畳用のエアコンを付ける事になるそうです。

4 除湿の機能
今の高性能エアコンは、除湿の際に下がった空気を再加熱して送風する「再熱除湿」式のドライだそうで、「ドライ」にしても部屋が寒くならないそうです。
でも再加熱する分、20パーセントくらい電気料金が上がるのと、エアコン自体の値段も上がるので一長一短とのこと。
HPをみると、再熱除湿のほうが30パーセントくらい除湿能力が高いので、通常の除湿式より2度ほど設定温度を上げれるそうです。
なので、消費電力はトントン。場合によっては再熱除湿式のほうが安くなるみたい。

5 室外機の水処理を考える
室外機は、冷房時でも暖房時でも水が出るそうなので、排水を考慮する。
うちの場合、2階バルコニーに2部屋分の室外機を置くので、バルコニーが水に濡れるのと、その部分の汚れには注意です。
勾配がない場合はさらに汚れに配意したほうがいいでしょう。

6 最新機種の取り付けは、年度が替わってから取り付ける
理由は、そのほうが値段が落ちるから(笑)
できれば来年にエアコンを使う時期まで値下がるのを待ったほうがいいけど、同じ人たちとの間で”買い”が集中するので、在庫切れになってしまうおそれがあるそうです。

7 真空引き施工
「真空引き」については過去の記事にも書きましたが、この会社は私から問い合わせるより先に教えてくれました^^b

今日は、「実際の注文は値下がりしてからで良い」との了承を得て、必要なサイズと大まかな見積もり(今の最高値見積もり)をお願いしてきました。
通常でもネット販売価格でやってくれるのと、照明なども定価の半額で販売するそうなので、もし好条件でしたら後日改めて紹介したいと思います☆

【おまけ】
ネット販売について尋ねたところ、「薄利ですよ~^^;」と、いかにネット価格では多売しないと儲からないかを切実に語ってくれました(笑)
スポンサーサイト


テーマ : 家電・パソコンパーツ - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
エアコンについて
 「春日井の」という下りだけで、どこの店のことだかピンときてしまいました。(多分同じ場所での購入を検討しています)
 安く売るだけの店というのはやはり多少気になりますが、エアコン本体だけを買うのであれば、割り切って買うのも良いと思いますよ。僕は結局エイデンで買いましたが。(見積もりの結果、価格差が1000円くらいだったので、ポイント化することを選びました)

 ちなみに、エアコンの取り付けについてですが、僕は工務店さんと相談した上で、「工務店の責任の範疇での取り付け」としました。施主支給にあたって、品番指定で工務店側に購入を任せるという方法では痛い目にあいましたので、モノはこちらで支給、取り付けはお任せ、という流れにしました。
 理由は、家の構造の分からない業者に取り付けをお願いしたくないから、というもの。工務店の手配であれば、電気屋は棟梁の指示に従ってくれますから。
 エアコンは、取り付けに関しての方が気を使いますよね〜。
rikky | URL | 2007/12/02/Sun 11:28 [コメントを編集する]
ええ^^
たぶん、そのお店です(笑)
私も取り付けが大事だと思うので、その点についても意識しながら商談をしていました。

施工について、真空引きはHMの営業さんはピンと来なかったので、それについての説明と図解が入ったものを印字して渡しました(一つだけエアコンはハウスメーカーに任せるよう言われたので)。
なので、この感じだとうちの営業所の場合、他のエアコンを全て任せるのは不安に思い、そのお店を考えている状態ですw

図面での打ち合わせでも配線の取り回しや、エアコンの向き、水が出ることへの処理のアドバイスなど指摘が的確で、今のところ取り付けをお願いしても心配ないかな〜という印象を受けています^^

また、最新式のエアコンを買う予定なので、家が建ち終わってから値下がりするまで待つ感じになるんですよね。
ボードの施工やサイディングの処理、断熱材への影響などを任せられるか十分に判断しつつ、お店を選んでいこうと思います^^
風トモ | URL | 2007/12/02/Sun 21:50 [コメントを編集する]
そ〜だ、エアコンも頭のいたい問題のひとつだった(笑)ゞ

今のところは、家の業者さんの指示に従ってるけど、主人も私も本音としては、施主支給したいところ。。。

考えたら、うちは床暖なので、当面(来年の夏までは)エアコン設置しなくてもいいんだ。。。それも無謀か?^^ゞ

業者とのかけ引きもなかなか難しそうですね(笑)
ハウル | URL | 2007/12/03/Mon 09:45 [コメントを編集する]
あははw
おっしゃるとおり!交渉って正直疲れますよねーf^^

床暖、皆さんの話を聞いているととても羨ましいな^^
うちは、床暖房に予算が回らず、ガスファンヒーターを考えているんだけど、田舎なのでプロパンなんですよ(笑)
もし能力に不足を感じたら石油ファンヒーターにするので空気が心配です。

エアコンも同じ考えで来年の梅雨時まではいらないのですが、その頃にはまた新しいエアコンが出るのと、人気の商品だと型落ちの品が売り切れる恐れがあるので、来年のころあいを見計らって交渉したいと思います。
でも、rikkyさんもおっしゃってますが、壁の穴あけとか断熱材の処理とか大丈夫なのか心配e-330
風トモ | URL | 2007/12/03/Mon 10:30 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/293-39ea6096
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。