スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニットバスの取り付け

※前回の工程「室内ボード張り」からの続きです

ボード張りのやや前、もしくは同時くらいですが、ユニットバスの取り付けが行われました☆
ユニットバスは、標準を変更して高くついた場所ですが、お風呂の時間が長く温泉好きな私にとって天国に一番近い場所なのです(笑)

【選択したメーカー】
HMの標準仕様は、ヤマハリビングテック株式会社のBEAUTシリーズの一つでした。
 ■ヤマハリビングテック株式会社・BEAUTシリーズのHP
    http://www.yamaha-living.co.jp/product/bath/index.html
その中の「SZシリーズ」だったと思いますが、現在のHPを見ると、ワンランク上のMZ・TZシリーズしか紹介がありませんので、SZシリーズは終了して今のHM標準は私がOPで仕様変更したTZかMZグレードになるのかも?
車と同じで、後に家を建てるほど標準仕様が良くなっていきますよね^^

【TZシリーズの特徴】
TZシリーズの特徴については、HPに詳しく紹介されています。
  http://www.yamaha-living.co.jp/product/bath/beaut/tz/index.html
私のユニットバスも、バスダブが広い方である1621Wですので、おそらくこのページに紹介されている感じになると思います。
カタログではこんな感じです。

座った視点から
「座った感じ(クリック拡大)」

【TZシリーズにした理由】
私がこのシリーズにした理由は、単に「新しいもの好き」だからですf^^;
お風呂を標準から仕様変更すると、金額がかなりUpしますので、お風呂にこだわらない人は標準で十分満足できます。

1 バスルームで初のPAデザイン賞
風呂を上から見た感じ
「棚の部分などが円になっている(クリック拡大)」
  万人が、その道具を生理的負担なく使えるような配置・形に送られる賞「PAデザイン賞」を受賞した程の使い勝手の良さが魅力の一つです。
座った位置からシャワー操作や物を取る動作、全てにおいて腰を曲げたりする負担が少なくなるように、手の弧の動きにそって物が配置されています。
また、鏡を覗く時でも鏡が他のユニットタイプより飛び出しており、覗こうと腰を曲げる量が少ないです。
最新設備・機能マニアな私は、こういうの弱いですw
  ・・・と言うのは半分冗談で(?w)、毎日のことだけに少しでも親への負担を軽くしたかったのです。

2 各メーカーのワイドバスタブに浸かってみたら、一人で入っても子供と入っても一番動きやすくてゆったりできた。
  身長177センチ、体格ガッチリな私にとって、一般のバスタブは窮屈感があります。
 もちろん、普通のバスタブでも寝そべるようにすれば首まで浸かれるのですが、子供と一緒に入るには無理があります(たかが数年、されど数年w)。
 また、風呂の中でNewtonを読んだりする幸せは、そのような浸かり方では味わえなくなってしまう・・・
 なので、当初からワイドバスタブにする予定でした。
  各メーカーのショールームを回ってワイド浴槽に浸かってみましたが、足を伸ばしたときに踏ん張れる長さやくつろぎ感、子供と二人で入ったときの広さなどでは、私の場合このユニットバスがしっくりきました。
  浴槽のサイズ
「浴槽のサイズ(クリック拡大)」
 ↑
 同じヤマハリビングテックの1625用バスタブ(赤丸の上の浴槽)よりも良かったです(底面で少し高くなっている部分の形状がしっくりこなかった)

【選択したOp】
・「W保温」
 ユニットバスは、窓からだけでなく床下からの湿気や冷気が伝わって寒くなりやすいので、床下保温と浴槽保温の「W保温」を追加しました
・「ミストサウナ」
 半身浴をしながら本を読んだり、風呂に入るときに前もって暖かくして入れるよう、「ミスト機能」は選択しました。

【はずしたOp】
・「パノラマ出窓」
 標準窓でも物が置けたり案外広かった。
・「浴室乾燥」
 浴室感想は考えていませんので、ミストサウナ機能だけを残してはずしました。
・「サウンド機能」
 もしそうしたい場合は”更衣室でラジカセでまかなう”ことにしましたw
・「TV」
 TVは元々見ないほうなので、はずしました。
・「アクアライト」
 同じような浴室アイテムを持っていましたが、飽きてしまいはずしました。
・「アクアマッサージ機能」
 マッサージ椅子を買うので外しました。

・・・と、機能的にTZシリーズのBテイストになりました。


続きは、いよいよ設置作業です!


(続き)

ユニット開始
床下断熱と壁断熱の作業(?)
この下に断熱施工がされたと思うのですが、確認できる写真がありませんでしたf^^;
自分で作業を撮影できない歯がゆさ(笑)

壁の色
どのユニットバスの色にも合う壁にしました(センス無いのでw)

浴槽の色
「ベージュです」
もうワンランク上質な色の浴槽にしたかったですが、予算が底を尽きました^^
洗い場も広いサイズが良かったなー


・・・って感じで、出来上がりはこちら~☆





なんじゃコリャーーww
どんだけ~~!!w

もうね・・エアバスするつもりで来たんよ。
洗い場や浴槽のサイズを体感したかったんよ。

多分壁の接着のための固定とは思うのですが、皆さんのブログで感激していた場所だけにショックでかかった(笑)
傷があったら交換してもらいますよー><

・・・というわけで、初の設備披露では感涙ではなく悲しい涙に濡れた私でしたが、傷など無く、W保温施工をちゃんとやっているかの確認ができれば目くじら立てることも無いな~と思います(もちろん目くじら立てるときは怖いですよ・・・(☆☆))。

【水道代】
水道代ですが、先ほどの浴槽サイズ一覧の写真を見ていただくと解かりますが、標準浴槽が満タンで297リットル、ワイド浴槽で410リットル入ります。
その差113リットル

毎日入れ替えるとすると、113×30=3390リットル。つまり月3.3立方メートルの差が出ます。
1立方メートルの料金が200円とすると約660円、一日22円の増額ですね。
田舎なのでここまで料金差が出ないと思いますが、これを無駄遣いとするよりも、毎日のお風呂タイムが楽しくなくなってしまうデメリットのほうが大きいので、「小遣い660円減らしてもワイド浴槽にしてた」と思います。

その分、食器洗い機やななめドラム、普段他の節水や電気代など他の光熱費の節約などで埋め合わせたいと思っていますが、理想どおりにいくのかどうかは解かりません・・・
でも、後悔はしない場所となることでしょう^^b

【覗き対策】
今現在、ブラインドが付いていない状態です。
「外からどこまで覗かれるか」私ではなく娘が心配なので、あらかじめ考えておいたほうがいいかなーと思ってます。

※次回は感動!「階段設置」です!!!
スポンサーサイト


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
大きいですね!
すごく大きなバスルームですね!!
同じYAMAHAなのに設備が違いすぎます。
さすが最新版!こだわりのバスルームで素敵ですね。
覗き対策は我が家は何にも考えていませんでした。
ブラインドか〜考えなければ。
kakawawa | URL | 2007/12/09/Sun 20:35 [コメントを編集する]
お風呂は
お風呂はできる限りコンパクトのほうがいいですよ^^
私は体がでかいのと子供と入ることもあって、標準サイズに収まらなかっただけですw

覗き対策、窓と洗い場の間にバスタブを挟んでいるのでくっきりとはシルエットが出ない気はするのですが、万が一見える場合、ブラインドが付くまでは丸見えになってしまいますよね^^
設置する数日間は、雑誌やアルミホイルなんかでしのげるかな〜と思いつつ、様子見していますf^^
風トモ | URL | 2007/12/09/Sun 20:50 [コメントを編集する]
お風呂の大きさ
 はは、エアバス(航空機じゃない)できなかったのはちょっと残念でしたね。
 でも、大きなバス、羨ましいなぁ。我が家ももうちょっと大きくすれば良かったと少しだけ後悔。

 ちなみに、お風呂のお湯の話なのですが、確かに毎日22円ってな話になるのはちょっと出費かな?と思いましたが、ケースバイケースかと。
 実は、我が家もその計算したんですよね。アパートのお風呂から今のお風呂になるのに、容量が増えるので、一日約15円程度の増額になるのではないかと・・・。
 でも、結果的に言うと、洗濯機でお風呂の残り湯を使う点を考慮に入れてなかったので、全く無駄な計算でした(笑)。実質的には水を使う量は減りましたよ。一日に洗濯機を複数回まわす家庭で、お風呂の残り湯を使うのであれば、あまり増額しないと思いますよ。
 この辺りは、お風呂の残り湯をどのように活用するかで大分変わってくるのかと。
rikky | URL | 2007/12/10/Mon 10:34 [コメントを編集する]
んだんだw
エアバスがいつできるか、催促の意味を含めて本日監督に聞いてみました。
同時にW保温のオプション施工(床下・浴槽断熱)をちゃんとやっていったかも正式に回答をもらうことにしました。
見てなかった部分は回答を信じるしかないですよね。

一日22円ってのも東京の1立方メートルにかかる水道料金の単価を目安にしたので、私が住む田舎ではもう少し差が出なくなると思います。
「残り湯作戦(心強いです☆)」でも十分差は縮まると思いますし、洗濯機も斜めドラムにする予定なので、そちらで差し引きするだけでも元は取れそうなきもしてます。
住むようになったら「節約と快適のバランス」は客観的に取っていく必要があるでしょうねー^^

信じると言えば・・HMや委託業者を闇雲に信じるのも危険ですし、かといってやたらと信じないのも意思疎通に歪みが出てくるし・・・家作りにおける信頼関係って繊細ですよね。
風トモ | URL | 2007/12/10/Mon 22:14 [コメントを編集する]
わ〜 ^^
素敵なお風呂〜。
私お風呂って、キッチンの次に大事かも ^^
ゆったりした湯船につかると疲れも吹き飛びそうですね。

自分の家ならぜったい窓がほしいな。
マンションだとたいてい換気扇で終了だからw
Sora | URL | 2007/12/10/Mon 23:11 [コメントを編集する]
ふふふw
お風呂党ばんざーい!w
一日22円の差を「もったいないとするか」、それとも毎日ゆったり入れる贅沢さを「よし」とするか・・・「浴槽の底面積の広がりを「掃除が大変」とみるか、「旦那にやらせるから好きに選ばせる」か(w)・・・ここで毎日の生活も変わってくるんですよね〜
家作りって小さな選択が未来を大きく変えてしまう場面が多いですよー(しみじみ)

ちなみに妻と私は性格や価値観が常に正反対で、「掃除がきついから」と一言で一蹴されましたw
ゆったりした風呂は譲れない”夢”の部分だったので、自分で掃除をすることを条件にワイド浴槽を選択しました(笑)

Soraさんのセンスで家を建てたらどんな感じになるかなー^^
風トモ | URL | 2007/12/11/Tue 00:16 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/308-80d6a980
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。