スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェンス・外壁

外構紹介~その2~ 「外壁・フェンス」

【イメージ】
フェンスイメージ
「クリック拡大☆」

フェンスについては、セットバックによる外壁撤去をしてまた土留めとして新しく外壁を作らなければならないという余計な支出部分でした。
上の写真でブロックの外側の土の部分は、セットバックにより80センチ以上下がらざるを得なくなった部分です。
ここに花でも植えて、土地の境界を維持することも考えましたが、寄付をして税金を払わないようにしてしまおうかという方向に向かっています。


【外構のタイプ】
外構には、外との関係から大きく分けて
 ・クローズ
 ・セミクローズ
 ・オープン
の3タイプがあります。

クローズ」は、外からの視界を完全に遮断し、人目を気にすることなくプライベート空間を楽しむタイプです。
厳格さ・風格・高級さがあるイメージとなります。
短所は、いったん侵入されると外の人には分からないって点ですが、セキュリティー対策をするなどして守ることができます。
オープン」は、アプローチと道との間にはフェンス等がなく、開放的な外観となります。
外からの視界が気になりますが、必要に応じてカーテンや植木のブラインドを挟んで家の中を直視できなくすることが可能です。
セミ」は、その中間といったところで、外との境界を確保しつつ、開放感を持たせるタイプです。
うちの場合は、ご覧のとおりの「セミ・クローズ」外構にしました。


【ブロック】
南側だけでなく、隣家との境界の東側のブロックも設置しなければならなかったので、一番安いものにしました。
外構ってデザインにこるほど予算に響いてきます。
ある意味、家よりも「予算と見た目の変化が大きい」と言えます。
口をすっぱくお話しますが、「外構の見積もりは先に出しておいたほうが安心」ですよ☆

安いとはいえ、ブロックも昔ながらの灰色のタイプではなく、主流の「シャモティ」にして色をもたせました。
■ユニソンHP
  https://www.unison-net.com/
こちらの会社のブログには、色んな外構イメージがUPされていますので一つの参考になると思います。
■ユニソンエクステリアビュー
  http://unisonco.cocolog-nifty.com/exview/

ブロックには、一つのブロックの表面に何本かの筋が入っているタイプと、表面にスジがないタイプがありますが、面積が大きいのでアクセントが多すぎるのもくどくなると思い、表面にアクセントがないタイプにしました。

フェンスとブロック

一色の単調ではなく、中に白などの石が混ざっているので楽しいです^^


【ブロックの問題】
うちは、北から南へと下っているばかりではなく、西から東へも下っています。
つまり、南東が一番低い土地になります。
なので、南東の出入り口のブロック・フェンスの高さで水平にしていくと、西へ行くほどブロックが低くなっていき、最終的には「3段積みだったのが1段積み」状態となってしまいます。
逆に、西側を3段にして平行にもっていくと、入り口付近は高さ2~3mの”キングコングの門”状態となってしまいますw

なおかつ、西には離れがあるので、離れの目隠しとなるようある程度ブロックやフェンスを積まなくてはならず、ご覧のような凸凹の部分ができてしまいました。

南側と東側
「苦肉の策」
なぜ、最後のほうだけフェンスを二段にしたかというと、「離れの部分からブロックが高くなり、フェンスが低いままだとそこから入りたくなる衝動に駆られる」と思ったからです。

衝動段差
「元々のイメージ」
元々は、写真のように、入り口のフェンスをそのまま平行に持ってきた感じでした。
当然フェンスを平行に保つために、西へ行くほど下のブロックが減っていきます。
そして、離れとの境では再びブロックが高くなるので、コレだけフェンスの差ができるとブロックを踏み台に「ピョンと乗り越えたい」気になります。
いくらオープンとはいえ、あまりに容易だと家に何もなくても入りたくなる気がして、フェンスをその部分だけ高くしてもらい、

東西の勾配
こんな感じになりました。
見た目よりも実用重視で、この境目の部分だけトゲトゲにしておいてもいいですねw

もう一つの案として、勾配に任せて傾斜地用のフェンスを建てるってのもあるんですが、デザインも好みに合わず高かったですw


【離れのフェンス】
離れのフェンスは、セットバックで壁が切迫するので、目隠しだけでなくせめて採光できるタイプにしました。

採光タイプでは、TOEXの「サニーブリーズフェンス」が理想でした。
■TOEXの採光フェンス紹介ページ
  http://www.toex.co.jp/lineup/fence/blinder_01.htm
しかし単価が高く、予算に合わなかったため、2m単位と単価が少し安い「シャレオR P型フェンス」にしました。
採光タイプ

コレで離れも、目隠しをしつつ光も入るかなと思っています。


でかすぎる土地の苦悩に同情票をーTT



スポンサーサイト


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
同じ外構でも・・・
風トモさんの苦悩にぽちっと^^

同じ外構の苦悩でも、我家とは正反対ですね(笑)
ただ、広さの問題もありますが、クローズか、オープンかは、皆さん同じく悩むところなんですね〜
ハウル | URL | 2007/12/17/Mon 14:30 [コメントを編集する]
またまた問題が・・・
実は今、記事を書いているところなんですが、フェンスについて、また選択肢が出てきてしまいました。。
詳しくは後ほどUPしますが、ハウルさんならどうしますか?
皆さんの意見を聞きたいです〜><;
風トモ | URL | 2007/12/17/Mon 23:14 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/320-2920ce2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。