スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブルでGO!タイムマシンはドラム式

紹介
主人公が、バブル景気崩壊後の現在(2007年)の日本を救うため 過去にタイムスリップする話です。
「バブル崩壊の原因は、1990年の大蔵省の発表が引き金となった」とのことで、その報道発表を止めさせるべく、一人の娘が向かうのでした。

はたして、彼女はバブル崩壊を止め、現在の不景気な日本を救うことができるのであろうか・・


感想
この映画を観たいと思ったのは、「バブル時代」の日本を知らなかったからです。
当時、私はまだ学生で、社会人になったのはバブル崩壊後のことで「採用足きり」などの真っ只中でした。
会社の先輩たちや知り合いの方が「あのころは良かったな~」と答えるバブル景気ってどんなだったか興味があったのでした^^
1990年当時の流行やブームが映画の随所に描かれ、「ティファニー」や「ポケベル」、「ワンレンボディコン」や「太い眉」など「そういえばそうだったなー」と思うところがありました。
安部寛の軽い演技も映画のストーリーにマッチし、テンポもあって面白かったです^^
出演者も、バブルを経験した役者さんからそうでない方まで、当時を仮想体験できて楽しかったんじゃないかなー^^

エンディングについては、おそらくもう一つのエンディングにしようか迷ったのではないかと思いますが、私はもう一つのエンディングのほうが作品的には深いものとなったような気がします。
ですが「コメディー」を貫く意味ではあのエンディングもアリですね^^

バブル時代の恩恵は、スーパーファミコンくらいしか記憶が無い私にとって、バブル景気は確かに魅力ですが、そのままバブルが続いていたらこの10年の日本人はどうなっているのだろう・・・ってことも考えさせられました^^
私がバブル時代をすごしていたら、今頃貯金が無かったかも(笑)
そうそう、ワンレンファッションや濃い眉毛にも魅力を感じました(笑)

■監督:馬場康夫
■原作:ホイチョイ・プロダクションズ
■脚本:君塚良一
■音楽:本間勇輔
■出演:広末涼子、安部寛、薬師丸ひろ子、吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり、小木茂光、森口博子、伊武雅刀

■公式HP
  http://www.go-bubble.com/

バブルを体験したい人、クリックしてね☆
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/334-1e0a1a9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。