スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2×4のモジュール幅に付いて

家を建てる上で、念頭に入れておいたほうが良いことの一つに「モジュール」があります。
モジュールには、その幅によって”尺モジュール”や”メーターモジュール”等に分けられます。

【モジュール幅】
  尺モジュールの場合、幅の計算が、3尺単位で設定されています。
  6尺で1間となるので、畳1畳は3尺×6尺(半間×1間)のサイズとなります。
  一方、メーターモジュールは、幅の計算が1mで計算されています。
  
  尺モジュールは、1間の長さが地方によってさまざまで、統一されていません。
  よって、地方によって尺モジュールのサイズが違ってきます。
   ”関東間”   ・・・6尺=1.818m
   ”京間(本間)”・・・6尺3寸=1.909m
  など。

【寸法の取り方】
  寸法を測る場合、柱の中心からもう一方の柱の中心で測るのが芯芯寸法です。
  柱の中心から中心までの幅を言うので、実際に通過できる幅は、柱の幅のサイズ分狭くなります。
  実際の有効幅を測定するのは、内法寸法(有効寸法)と呼ばれます。

【住友不動産の寸法】
  私がお願いした東海地方の住友不動産では、関東間(91cm×182cmモジュール)が用いられていました。
  測定は”芯芯寸法”です。

  柱(石膏ボードを取り付けた)の幅は、10cmちょっと。中心からそれぞれ5cmちょっと柱が出ます。
  なので、標準のモジュールでは廊下の幅が91cm-約10cm=約80cmが有効寸法となります。

  有効寸法
これが実際の有効幅で、廊下の幅は約80cmが主流でしょう。
  
  さらに狭くなる場所として、
   開き戸:金具などを取り付けるため、有効寸法は約70cmになります。ドアの幅は70cmが標準です。
   階段:手すりが約10cm飛び出ますので、有効寸法は約70cm、両方に手すりをつけると60cmになります。
   

一般的に「尺モジュール」の方が建材などが豊富で、家具のサイズもメーターより尺でサイズを作ってある場合が多いそうです。反面、最近の日本人は体系も大きくなりつつあるので狭く感じるかもしれません。
「メーターモジュール」の場合は尺モジュールより廊下などが広くなり、バリアフリー対応に有利と言われます。反面、建材の種類が少なく尺モジュールよりも面積が大きくなるので、その分建築費用が高くなります。
こういった、一長一短があるので一概にどちらがいいのかとは、それぞれの家庭の事情により線引きできないのが現状です。


【我が家の場合】
私のが家を建てるときに条件として考えた中で、「ゆったりした感じ」というのがあります。
標準サイズは91cmでも、2×4の利点で「間取りに自由が利く」というのがあるので、それを利用しました。
なので、構造上無理がある場所以外は、引き戸(ドアだと通行部分が70cmくらいになるけど、引き戸だと幅が80cm取れる)にしてもらい、さらに耐久性で無理な場所以外は廊下の幅なども拡げてもらいました。

  枠の施工後
「標準モジュールの廊下&ドア」
2階の子供部屋へとつながるこの部分が、唯一、構造上標準サイズの廊下になりました。
写真の廊下の幅が80cm、ドアの幅が70cmです。
標準でも天井が高いので、その視覚効果で横幅が狭く感じますが、実際に通行する分にはなんら問題ありません。
ただ、手すりや絵画などをかけるとなると、ちょっと気を付けないといけないですので、両方が壁の場所などで飾り物をしたい場合はニッチ仕様にする方がいいかもしれませんね^^

その他の場所の廊下幅
「他の廊下幅」
階段の幅を含め、廊下はこのように拡げてもらいました。写真の有効幅は1mちょっとあり、構造に問題が無ければメーターモジュールより広く取れます。
ここには将来、漫画や雑誌を入れる本棚を並べようかな~と思っています。
(ほんとはさぶさんのように小説を並べないといけない歳なんですけどね~f^^;)

廊下は2階のこれらの場所のみで、1階は玄関ホール以外は殆んど部屋でつながっています。
1階は、引き戸を開けっ放しにするとつながりがある間取りにしたので、クロスもDKとリビング、階段などは一緒にしました。
ただ、クロス選びは自信がないので、フローリングにマッチしなかった場合は・・・・(ドキドキ)

このように、各HMや地方によって尺のサイズが違う場合があり、さらに寸法の取り方も多様なので、お選びのHMがどのような寸法基準で間取りを組むのかを確認しておいたほうがいいと思います^^b
光熱費などの関係もありますので、間取りの広さは十分考えましょう。

※追伸
現在、クロス貼りが進んでいるそうなので、いよいよ明日結果が出ます。
自分の部屋なども”かなり冒険”(普通は選ばないのでは?という壁紙ですので乞うご期待)しましたので、微妙に足取りが重いです~w

冒険した壁紙を見たい方はクリックしてね~☆
スポンサーサイト


テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
寸法
モジュールですかぁ、僕もずいぶんこの辺りに苦労させられました。
メーターモジュールが良いって一概に言えないところがなかなかくせ者ですよね。
特に和室周りは厄介です。
ふすまが長くなるのも変だし、畳が大きくなるのも間抜けな感じになっちゃいます。(個人的に、ですけどね)
まあ、とにかく未だに日本ではしゃくモジュールの方が優勢って事ですよね。
ただ、尺を使った場合にはノビを入れることで広くなるので、一概にモジュールだけで決められない部分もあります。
我が家では工務店に御願いした関係で、こういった点は自由になりましたが。(結局廊下はメーターモジュールに、間取りは尺モジュールになっています)
rikky | URL | 2007/12/24/Mon 12:28 [コメントを編集する]
>>rikkyさん
私も今回、どちらも一長一短だなーって改めて感じました。
メーターモジュールのゆとりは、逆に狭い場所では切り取ったりの加工が増えることにもなりますし、大きければ冷暖房なんかもそのぶんかかる・・・
そこで施工主が「何を優先するか」で、個性が出るんですね^^

Rikkyさんの工務店も部分変更が可能だそうですが、HMによっては渋るところもあるみたいですねー
風トモ | URL | 2007/12/24/Mon 20:47 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/335-d66dc6de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。