スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配管工事 1

※前回の工程「ユニットバス取り付け再開」からの続きです。


たたずむ立水栓
家の西側に立水栓が取り付けられました。
一見地味な絵ですが、「物に歴史あり」です^^
それでは、この写真に至るまでの”排水工事”の模様をご覧ください☆


1 配水管用の穴を掘る
ゴゴゴゴゴゴ
「ドドドドドッド(イメージ音)」
ちっちゃなユンボで地面に穴を掘っていき、排水管を通す道を作っていきます。

大神
「PS2の名作大神の技”一閃”のよう」クリック拡大☆
ただ穴を掘るだけでなく、水が流れる勾配をつけなければなりません。

2 穴に配管する
配管の様子
「配管の様子クリック拡大☆
ご覧のように、庭が広いと配管の本数や工事費用の負担が増えますさらばお金・・TT
さらに、水が流れる勾配を取らなければならないので、管が長くなるほど高低差が必要になります。

3 雨水升との合流
雨水升
「黄色線が雨トイのパイプ」
途中にも雨水升等を設けて排水を合流させる必要があるので、高低差の問題により配管に制限ができる事があります。
家はGLが110センチと高いので配管の勾配は問題なかったのですが、家の裏庭を回しての配管は無理でした。
雨トイのイメージは、「そのまま垂れ流して地面に染みこませる」のかと思っていましたが、こうして雨水升へと雨水を流すまで配管されるんですね~
途中で詰まることとかあるのかな?

4 管を埋める
管を埋める
管を土で埋めていきます。
前に庭があるのでユンボが入れず、手作業で土を入れてくれました。
いたら手伝いたかったな~

埋めた後
「配水管工事完了~」
工事ご苦労様でした^^

立水栓の設置
こうして大規模な配管工事が行われた後、この立水栓が設置されたのでした^^

※ 次回の工程は「配管工事2」です

クリックよろしくー☆
スポンサーサイト


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
すごいですね。
こんな工程、見たことなかったので感心して拝見しました。
うちもこんなになってるのかしら?

お庭が広い分、パイプも長いですね。

パイプが詰まらないように、
落ち葉とか小石とかは流さないようにしなきゃ!ですね^^;
ステップ | URL | 2008/01/09/Wed 22:06 [コメントを編集する]
そうなんです^^
この写真を見ながら「もし詰まった場合どうなるんだろう?」と心配になりましたw
今まで浦島太郎のような設備環境に住んでいたので、私が心配するまでも無く今の設備はいろいろ工夫されているのかな〜とも思うんですが、やっぱ心配感はありますよねー^^

メンテとかのレポートもできるといいな^^
風トモ | URL | 2008/01/09/Wed 22:51 [コメントを編集する]
配管
すごいですね〜、配管の施工現場の写真を載せているブログは初めて拝見しました(笑)
でも、こういうのって、見る機会がないので、見ていると面白いなぁ。
我が家の場合は、時間的に見る機会が無くて、最終的につくった雨水の配管の部分だけちょこっと目撃した程度でした。
その時は、なんと長ーいドリルで(普通の大型ドリルに長い刃をつけたもの)土を軟らかくしながら、掘り返していました。想定外の工具の使い方にビックリ(笑)
rikky | URL | 2008/01/10/Thu 13:27 [コメントを編集する]
あははw
完成されたものをプレゼン受ける感動もさることながら、「どうやって出来上がるのか」を知りながら完成品を見ると、感動だけでなく愛着心(思い出)も付いてお得ですよね^^

着工途中の写真を撮ることで、何かあったときの記録や工事関係者さんたちの気合も違うかも?といった淡い期待もかねて(笑)積極的に撮影しています^^

こうやってできていくんだ〜とか写真を見ていると、自分も大工をやってみたくなりますね(実際は不器用なのでプレッシャーな日々になりそうですけどw)

雨トイって、一番下の雨水升につなげる部分は色が違うんですね^^;
ホームセンターでペンキ探そうかな〜
風トモ | URL | 2008/01/11/Fri 00:56 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/362-87ce09da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。