スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン紹介

ダイニングキッチン

今日は、キッチンの紹介をしようと思います☆

【キッチンのタイプ】
我が家は、キッチンをA型キッチンにしました。
■TOTO Cuisia(キュイジア) 
  Jタイプ 2700×1800型
  色:トラッドベージュ
  カウンター:人工大理石 グレイングレー色
  http://www.toto.co.jp/products/kitchen/k00016/index.htm

A型キッチンはL型キッチンの逆転発想型で、L型でデッドスペースとなる場所を逆に調理作業場所として利用しようという発想です。
体の移動が少ないことや、トイレや洗面もTOTOにした事などの理由からこのキッチンを選択しました。

A型キッチン
「A型キッチンのカウンター」
体を殆んど移動させずに、火と洗いをすることができます。
洗いの上には水切りつきのシンクパレットを置けるので、カウンターの広さを拡張することができます。

シャキン!
「シャキン!マガジン装てん完了w」
この中には調味料やお玉などを入れておくことができます(どうやって収納されているのか手品みたい^^;)

【キッチンの構想】
このキッチンを選んだのは、もう一つの理由があります。
キッチン間取り
「間取りの構想」
キッチンと食卓の橋渡しに、カウンターワゴン(真ん中の四角いヤツ)を置いて、「可動式アイランド型」にしたかったのでした。

1 A型のコーナー部分で調理をし、カウンターワゴンにできた食事や調味料等を乗せる。
2 それを食卓まで運び終わった後は、電子ジャーやお茶などを置く。
3 食べ終わった皿などはワゴンにのせて、流しにくっつけカウンター式に使う。

このような可動式のカウンターワゴンを後日買う予定です。
幅は900(写真の大きさ)を予定していますが、スペースに余裕がありそうなら食器も収納できる1200のものが欲しいなー

「ガス栓の位置」
間取りのもう一つのこだわりとして、ガス栓を南東壁に付けました。
スキヤキなどで、ガスホースがキッチンを縦断しないためで、普段はガスファンヒーターの口として使用予定です。


(続く)


(続き)

【コンロ】
ガスコンロ
「ガスコンロ」はフルフラットスーパーコンロです。
トッププレートの油が拭き取りやすいことや、コンロ奥の両サイドに煮物鍋などを一時置きできるスペースがあるので採用しました。

壁は、「ハイドロキッチンパネル」を火まわりに採用。水周りの方は「クリーンキッチンパネル」です。
パネル
「左が火まわり、右が水回り」
火まわりの方はツルツルして油落ちがよさそうな感じ☆

火まわりの壁は、より油が落ちやすいという「ハイドロセラキッチンパネル」を採用したかったのですが、火まわり部分のみだけに採用することができない(ほかと厚みが合わない)といわれ、やむなくグレードを下げました。

【換気考慮】
ガスを使うときだけ上から出てくる「しまえるクリーンフード」を採用(上記写真)。
掃除のしやすさは後にレポートします。
ガスオーブンは、使用頻度が少ないので家電で買う事にし、収納を高めました。

換気は必要以上の配慮をしました^^
上記「しまえるクリーンフード」の他、
壁面排気口
「壁面換気口」

採風勝手口
採風勝手口や部屋の窓による全体的な換気等、極力臭気がこもらないようにしました。
なお、勝手口の西側が食器棚兼炊飯ジャーを置くスペースになっていて、ジャーから出る蒸気も勝手口の採風窓から逃がすよう考えています。

食器棚は作ってもらいましたが、戸がなくプチ後悔。
普通に食器棚を買ったほうがよかったなー


【水まわり】
食器センジョウキ置き
「シンクの横に、食器洗浄乾燥器を置きます。」
今住んでいる所でも使っていますが、めちゃくちゃ楽です。
引き出しの中に設置される洗浄機は故障したときに面倒なのと、壊れたらその時点で最新式のが買えるという機能マニアの陰謀も少々含まれていますw
食器洗浄機を置く場所の高さにコンセントがあると便利ですよ(ミキサーとかジャーも使いやすいですし☆)
縦に置こうか横に置こうか検討中です。

食器乾燥機
「食器乾燥機」
食器洗浄乾燥機の洗いが二回になるときは、洗浄だけを食器洗浄乾燥機でやった後に、こちらで乾燥させ、その間に残りの洗い物を洗浄乾燥機に入れて、時間を短縮、感想が終わる頃に戻ってくる必要がないようにします。
おそらく、普段良く使うおかず皿等は、ここから取り出す形になりそう^^


【その他】
天井付けの収納は我が家では初めてで、正直どれだけ有効かはわかりません。
たんすのこやし的食器が埋蔵されるかもしれませんが(w)、収納スペースが足りないので仕方ないなーと思いますf^^
”頭をぶつけるか”についての心配は、カウンターの奥行きが意外にあるので177センチの私でも頭のてっぺんとおでこの間くらいに当たるかって感じでした。
もちろん気をつけないといけませんが、料理をする機会は少ないので大丈夫かと思います(笑)
でも炒め物とかカップラーメンとかでお湯を沸かすので、レンジフードが出てきたときは気をつけよう。。w

キッチンからの見通し
「キッチンから振り向くと、和室まで通ります。
通風を考慮したのと、人の気配を営業さんが考慮してくださりました。
お客さんが来たときは引き戸を閉めてキッチンを見えなくすることができますし、気に入りの間取り部分です^^

あとは、「床下収納に何を入れるか」「ダイニングキッチンに壁掛けテレビをつけるか」が、残りの課題です^^

クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
キッチンフェチ?
もしかしたら私って‘キッチンフェチ’なのかもしれません(爆)
他所のお家のキッチンを見るのも好きでv-238
しかも、ニヤニヤしながら、じ〜〜っくり眺めちゃう(笑)
いいですね〜風トモさん宅のキッチン♪

うちの旧家がL字型で、デッドスペースは多いし、無駄な動きも多かったけど、
A型なら、0動線、左から、野菜を洗って、真ん中で切って、右で炒める。ほとんど体の角度を変えるだけで、反復横跳びみたいな動きをしなくていいんですもんね。
しかも収納バッチリで、奥様 ホントよかったですね〜
シエル | URL | 2008/01/28/Mon 10:38 [コメントを編集する]
すごい!
かなり研究されて使いやすそうなキッチンですね!
しまえるクリーンフードなんてはじめて聞きました。

自分なんてL型とA型の違いもイマイチわからない
・・・
けい | URL | 2008/01/28/Mon 11:21 [コメントを編集する]
A型キッチン
 このタイプのキッチンは最も動線が少なくなって良いとされていますよね。
 欠点であるデッドスペースになるコーナーも工夫されていて、totoのキッチンには好感が持てます。

 収納やレイアウトをみても風トモさん邸のコダワリが見えて、取ってもオモシロイ。シエルさん同様僕もキッチンフェチなのかも。

 食器の収納棚は、扉があるのは一長一短ですよ。
 扉がない場合のメリットは、扉が邪魔にならないことと、一目で食器のレイアウトが分かること。
 片づけには苦心するかも知れませんが、慣れればない方が便利かも。
rikky | URL | 2008/01/28/Mon 12:23 [コメントを編集する]
A型いいですね〜
我が家もL型だーI型だーとすったもんだして
結局はI型で落ち着いてます!

いろいろ考えられていて勉強になります

食洗器は私もそう思います
が、我が家はビルトインだろうなぁ・・・・・・・
きりか♪ | URL | 2008/01/28/Mon 14:26 [コメントを編集する]
>>シエルさん
じゃんじゃん フェチりましょーw

思うんですが、こだわりや色々悩んだりした部分って、ほかの皆さんはどうされたかすごく知りたくなりますよね^^
しかも「こういう考えがあるんだ」とかすごく視野が広がるし、できれば設備もブログで紹介してくれると楽しいですよね^^

TOTOも、パネルやカウンターが綺麗に思っていましたが、シエルさんのV型キッチンは質感といい機能美といい「芸術性」を感じますよ^^
V型もA型も同じ動線のコンセプトなんで、シエルさんのキッチンを見てすごくこだわりが伝わりましたよw
風トモ | URL | 2008/01/28/Mon 22:25 [コメントを編集する]
>>けいさん
けいさんのブログを見ても、一つ一つに実生活を意識したこだわりを感じて楽しいです^^
私も家を建てるまで、A型があるとは知りませんでした。しかもV型とか「I 型多層シンク」とかもあるみたいです。設備の技術革新は無限ですねー(しみじみ)。

そうそう、キッチンは奥さんの意見を最も尊重すると「後々お得」かもしれませんよw
風トモ | URL | 2008/01/28/Mon 22:31 [コメントを編集する]
>>rikkyさん
rikkyさんも、じゃんじゃんフェチりましょーw
てか、収納やレイアウトまで目が行くところはすごいですm(__)m
収納棚のお話、とても参考になりました。
今までの設備から急に近代設備となるので浦島太郎並にカルチャーショックを受けているので、そういった部分のメリット・デメリットがピンと来なくて^^;

一番のデッドスペースは、床下収納になるかもしれませんw
風トモ | URL | 2008/01/28/Mon 22:37 [コメントを編集する]
>>きりかさん
うちもスペース的にI型(今もI)に決まりかけていましたが、A型を知って一目ぼれしました(機能マニアなのでw)。
理論と実際の相違があるのは世の常なので、実際に使うまで理論どおりにいくかは疑問ですが、おってレポートしようと思います^^

I型の場合でも、私のように可動式のカウンターワゴンが置けるようだと、「可動式アイランド型」になって便利さがアップするかもしれませんよ^^
食卓の上のコショウや醤油なんかもワゴンの小棚に置けるものもあったりして、普段、食卓の上をすっきりさせることも可能です。参考まで☆
風トモ | URL | 2008/01/28/Mon 22:43 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/393-764e073f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。