スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭工事開始☆

外構もいよいよ終盤です。
予定では中旬に終了ですが、仕様間違いなどがあり若干延びる気もします。
慌てて納期に間に合わせるより、多少延びても今のまま丁寧に作業をしてくれるほうが嬉しいですねー^^

「土留め」→「フェンス」→「家周りの設備」→「コンクリート打ち」ときて、ついに「庭師さんの登場」です。
庭師さんは、「庭木植え」「芝生植え」「石の配置」など、庭を総合的にデザインしてくれます。
今回は、「庭木植え」について紹介したいと思います


【庭木を植える理由】
庭木は「害虫駆除、剪定などの手入れが面倒でお金がかかる」などを理由に、植えないばかりか切り取ってしまう家が増えている気がします。
我が家もそうで、先代が植えていた松や樫など秘密基地を作れるくらい大きかった沢山の木を、親が全て切りました。

今までの庭
「あちこちの切り株が分かりますでしょうか(拡大☆)」

私が木を再び植えたい理由は「目かくしになる」「季節を感じる」などもありますが、「この庭を造った先代の意思を顧みる」というのもありました。

確かに、木は手入れが面倒です。でもこの庭の石や灯篭などのアイテムは「そこに木があることを前提」として配置されたものと思うんです。
実際に木を切ったことで、通路じゃない場所からも離れへと出入りするようになってしまい苔が枯れて道になっている部分もあります。また、灯篭がど真ん中にぽつんと立っているのは素人の私が見ても変に思います。
このように、かつて意図した庭と現在の庭は離れているように感じるのです。

明治からの歴史ある家を建て壊し、改めて間取りなどを考えた私には解るのですが、旧家の間取りや鬼門考慮などはかなり細かい部分まで設計してありました。
私があれこれ考えた間取りなんかも同じような配置や向きになったりと「先代(設計士かも)は俺と同じような考えだったんだな~」って共感する部分が多々ありました。
なので、木を植えた位置などにも何か意味があると思うのです。

木を切った親はもちろん反対でした。
「苔庭みたいでいいじゃないか」と言いますが、苔を枯らさないように手入れをした人じゃないと説得力ありませんよねw
責任を持って手入れすることを前提に理解を得ました。
「たぶん挫折するだろう」と内心思っているはずw
でも、「タバコ代が値上がりする一方だから」とタバコをやめ5年以上になる私の意志をもってすれば、庭の手入れくらいやってやりますとも(言い聞かせw)


【庭木】
庭木を配置するに当たって、先代の配置した位置はこだわらずにお願いしました。
理由は、植えてあった木とは違う木を植えるのと、それまでの庭は木が多くてゴチャゴチャしすぎている気がしたのも事実だったからです。

 ・ 通行人からのブラインドになるように
 ・ 木の種類はお任せ。できるだけ手入れが簡単なものを
 ・ シンボルツリーは桜か梅、イチョウが理想だけど、それよりちょっと手入れが簡単そうで同じくらい好きなモミジを
 ・ 本数はできるだけシンプルに。ゴチャゴチャっとしたくない。
 ・ ブラインド機能を満たしつつも、自然な配置で

と、好き勝手にお願いして、施工してくださった結果がこちらです☆


庭木の感じ
「和室、リビング、玄関のブラインドになっています(拡大☆)」
モミジは通行人にも楽しんでもらえるよう道路方面に植えてあります。

【木の種類】
施工イメージはこんな感じです

庭木計画図
「施工図(拡大☆)」

山登りが好きなのに木の名前などは知らない私なので(w)、実際同じ木が植えられたかは自信ないですf^.^
シラカシなどは高く育つらしいので、バランスを考えて剪定しないといけないですね。でも、花実が見られる木もあって、季節を楽しむことができそうです。

唯一の心配は、「根っこがどれだけ伸びるのか」ってことです。
ロールプレイングゲームなんかで根っこが家を包みこんだりするシーンがありますよね?あのイメージがあって基礎や家まで進出してくるのでは?って恐怖心がw
庭師さんの話では、
 「根っこは伸びますよ。配管の周りを包んだりもします。」(←なんと!)
 「でも家には基礎がうってありますし殆んど心配はありません」(←ほっ)
 「ただ、包んだ根が枯れてしまったときの処理は大変ですよ」(←ガビーン)
とのことでした。
ちゃんと手入れをしろってことですね^.^

【木を植えてみて】
「シャープな外観に柔らかさが出た」
「離れと和庭との歩み寄りができた」
「ブラインド効果が早速あらわれた」
こと等、やっぱり植えてよかったと思います。
手入れは大変でしょうが、草木が好きなのでとても落ち着きます♪

手入れも今までの松とかよりは楽なんじゃないかな?実や花が楽しめるので、手入れもし甲斐があるというもの。
老後の趣味になるくらいまではまるといいな~(てか、はまらないとw)

驚いたのが、木の配置が先代と同じような位置(切り株の位置)になっていることです!
先代も同じような目的があったのか、この庭配置ではこの位置に木があるほうがGoodなのか・・・先代の意思をここでも垣間見ることができた気がします^^


【最後に】
将来、子供が成長したら、私は離れへ住むこととなります。
それが生き物の宿命といったら大げさですが、いつまでも家系を仕切るのではなく遺伝子の未来は子供に託すのが生き物なのです^^
(その時に老人施設に入れられていたらかないませんがw)、老後に離れから大きくなった木を見つつ、今の自分を懐かしむ時が来る。。そういったことができるよう大切に育てていきたいなーと思います。

木は手入れが面倒ですが、色々な想いを受け止めてくれるのも「木」です。
木登りや木の実拾い、落ち葉の風景など木にまつわる思い出はどなたにも残っていないでしょうか?
私はお薦めしたいな^^

クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
こんにちは。
木も植えられたんですね。
うちと全く同じ種類ですね〜(笑)
うちはほかに、キンモクセイ、月桂樹、ベリー類なども植えています。でもシマトネリコが多いかな?
2年ほどすると根が張り出しますからシラカシとシマトネリコはあっという間に大きくなりますよ。そのころは緑もたくさんになりさらに素敵な庭になるでしょうね。
庭でハンモックとかいいかもですね。
ぱる | URL | 2008/03/19/Wed 11:49 [コメントを編集する]
おおおー!
庭でハンモック・・・そんなことができるようになるんですか!?@@
こりゃ、懸命に育てないとw

ぱるさんには手入れのアドバイスをいただきたかったんですが、庭木も同じということで益々参考になりそうです^^
庭木の師匠とよばさせてくださいw

「シマトネリコ」と「シラカシ」は、大きいと20mくらいになると書いてありちょっとビビッていますf^^;
途中で成長を止めるのが剪定になるのでしょうか?それとも幹に何かまいたりして成長を止めるのでしょうか?また、ほっとけばそれ以上は大きくならないものなのでしょうか・・・
それくらい無知で・・・聞きたいことだらけですw
負担にならない程度でボチボチとアドバイスしてくださると嬉しいですm(__)m
風トモ | URL | 2008/03/19/Wed 12:26 [コメントを編集する]
お庭も
いよいよ始まりましたね〜、楽しみです。
お庭の手入れって言うのは、継続性が重要ですからねぇ。将来のカタチを見越して庭を造る。
庭師の力量が如何に凄いかと言うことですよね。

素人にはなかなか荷が重い庭造り。それでも素人なりに楽しみたいですよね。
「シマトネリコ」に「シラカシ」ですか。トネリコは定番ですがシラカシはちょっと思い切りました?どちらも伸びる木ですので、剪定が重要ですよ。といっても僕にも庭を弄る知識がないのでアドバイスはできませんが。頑張って下さいね〜。
rikky | URL | 2008/03/19/Wed 13:08 [コメントを編集する]
>>rikkyさん
まったくの素人で、モミジ以外は外構さん任せです^^

シラカシは、どんぐりが落ちて子供受けすると説明がありましたが、20mくらいにまで成長するとは思っていませんでしたw
ハンモックができる程度に大きくなるといいけど、あまりにでかいと収拾付かなくなりそう。できれば芝生側へ大きくしたいですねー。
「庭」カテゴリーを追加して気合を入れようと思いますw
風トモ | URL | 2008/03/19/Wed 14:04 [コメントを編集する]
庭木のことですが、
シラカシとシマトネリコはかなり大きくなりますのでどこかで剪定して先端を止めたほうががいいようです。(くれぐれも肥料を与えたりしないように!)
自分で剪定できるとすればせいぜい2,3mの高さなので私はそのあたりで先端を止めています。どちらの木も萌芽力が強いので時期さえあやまならければ多少剪定にしくじっても大丈夫です。
ただシマトネリコは下からはなかなか新芽を出さないので下部の枝はくれぐれもよく考えて切ってください。カシ類は生垣にもできる位なのでどこを切ってもノープロブレムです。
通常庭木だと日照や根張りの影響で20mとかまでは行かないようです。ただ高さより困るのは主幹の太さだと思いますので、そのあたりは剪定によって太くなりにくいようにしたほうがいいです。
とはいっても剪定するのは年一度、風トモさんのところなら1時間もかからないでしょうし、楽しみながらできると思います。
ほかの木はそこまで成長が早くないのでたまに剪定して樹形を整えればいいです。先端を止める必要なないと思います。
もし今後樹木の数を増やす場合は是非子供さんと一緒にご自分で植樹されたらいいです。非常に安くできるしいい思い出になります。1,5m以下のものならほんとに簡単です。
カシ類は公園でどんぐりを拾ってきたのを何個か埋めとくだけで数年後にはいい株立ちになります。

私も全くの素人ですが今ではすっかり庭弄り、はまって楽しんでいます。だんだん木の種類を覚えると山登りの楽しみがまた増えます。頑張ってください!
ぱる | URL | 2008/03/19/Wed 15:47 [コメントを編集する]
>>ぱるさん
早速のアドバイス感謝です☆
シマトネリコ、写真を改めてみるとすでに2mいってそうな(爆)
脚立があるので何とでもなりそうですが、目かくし目的もあるのでここまでが限界ですね〜。
シマトネリコはこのままからさないように剪定しつつ、木育ての楽しみは他の木で楽しむしかないですね^.^

シャラとかモミジとか・・・鑑賞の季節が今から待ち遠しいです。樫木もどんな風に育つんだろう☆
やばっ!なんだか楽しそうです^^

追伸:お気に入りリンクさせていただきました。これからも時々コメントください〜m(__)m☆
風トモ | URL | 2008/03/20/Thu 02:23 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/456-6d82eb5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。