スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光配線への道 2

前回の続きです。

配管拝見

パネルを取り外してお目見えしたLAN配管。あとはこの針金にLANケーブルをつけて引っ張るだけなんですが・・・?


【困難な出来事】
その1:LANケーブルがパネルを通らない
まず、最初の難関にぶち当たったのがこれです。
灰色パネルを外す

LANケーブルをトンネルへと入れた出口にも、これと同じパネルが取り付けてありました。
LANケーブルの先端は凸のような形をした端子が付いているんですが、これがこの穴に通らない通らない

わたしのレベルではこの時点で断念しましたw

その2:先端をちょん切って配線すると、再度端子を取り付けできる技量が自分にない
先端の端子をちょん切ればこの穴を通すことができますが、また端子を買ってきて取付け用の工具も買って・・・とやる手間が面倒で手詰まりとなってしまったのです。
さらに、CAT6などは先端の凸端子取り付けも結構シビアらしく、私じゃ手に負えないのでした^^

後日電気屋さんに来てもらいましたが、「CAT5eまでの端子取り付け技術しかない」と言われ、CAT6配線の夢は消えました^.^
CAT6で配線してくれる業者を数箇所探しましたが、工賃やケーブル費用がCAT5eとは違いすぎ、しばらく5eでいくことにしました。


電気屋さんの工事は続きで☆


【電気屋さんの工事】
電気屋さんの工事も、基本的には同じなので、パネルは外したままにしておきました^^
電気屋さんは、CAT5eまでの端子取り付けができるので、ケーブルをちょうどの長さで切って配線が可能です。
箱の中には長いケーブルが^^
「箱の中には長いケーブルが」
後方にはマンガのダンボールが・・・;

スルスルと通します
「ケーブルを針金にくくりつけ、引っ張り上げます」
途中でつっかえるときは、反対側の人が少し押してあげるとうまく通っていきますので、2人でやると楽です。
電気屋さんは一人でしたので、下で手伝いました^^

雌ジャックのパネル
「パネルを雌ジャックへ交換してくれました」
これなら、使っていないLAN端子は奇麗にカバーできますし、簡単にケーブルを取り付けることができます。
やはり電気屋さんはすごいな~^^

【ここで知ったこと】
上の写真のとおり、実はあのパネルの一つ一つは取り外す(また交換する)ことができたみたいです。
また、◎のようになってて微妙に通らなかった穴のパネル(LANジャックの上2つの穴パネル)も、ドライバーの底などで強く叩けば、◎の穴が取れて拡がり、LANケーブルの凸端子を通すことができたそうなw
それさえ知っていれば、そこからケーブルを出すだけで自分でできたのにーw

でも、雌ジャックにしてくれたので見た目が奇麗ですし、不満はありません。
できればCAT6のケーブルで施工してもらいたかったのは山々ですが、将来ケーブルを変えるときは、見た目を気にしなくても自分でパネルをはずして配線できるな~と思います^^

テスターで通信テスト
「テスターでLAN通信の開通テストを行い工事完了です☆」


これで、このパソコンをいよいよマイホームへともって行きます。
数日間は更新がままなりませんが、ブログネタは一杯ありますのでお楽しみにしていてくださいね☆


そうそう、配管用の管は、できれば大きいほうがケーブルが通りやすいですし何本も通すことができます。
しかし、柱に穴を開けたりなどの工事が伴うのが常ですので、やたらと穴を大きくすると柱の耐久度に少なからず影響が出てしまうと思うので無理は禁物です^^
通信速度や安定にこだわらなければ、無線やコンセントでの通信でネットをすれば、配管する必要は無いでしょう^^

クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : 家づくり日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
ほほう、光回線ですか
この手の工事は結構大変ですよね。我が家も光にして、途中からLANを引っ張ってます。
で、配線工事は、カテ6を自分で引き回しました。合計3本は失敗したけど(笑)

市販のケーブルの先端を切って使えるということは、長さは長めのモノを買っておけば足りるんで、楽でしたよ。それに、ちょっと事情があって、片側はジャックが差し込めるように加工し、片側は配線のままというスタイルにしたかったので、微調整も必要ありませんでしたし。

自分でやった結果、電話線と一緒にLANを繋いで、開通確認できました。取り敢えずは問題なく使えているので、大丈夫だと思ってますが将来的に問題は出るかも。
でも、やってみれば割と何とかなるもんですよ?
rikky | URL | 2008/03/25/Tue 11:08 [コメントを編集する]
電気屋さんがつけてくれたのは恐らく松下電工のぐっとすシリーズかな?
CAT5EだとNR3160○(○は色によって変わります。ホワイトだとWなど)だと思いますが、これと同じ形状でCAT6用のNR3170というのがあるんですよ。
どちらも付属キャップで取付できるので風トモさんでも出来たんじゃないのかなーと思います。
でも当面はCAT5Eでも問題ないと思いますよ。
CAT6に変更する時はぜひチャレンジしてみてくださいね(^^)
うちはフレッツの工事が引越しの5日後なんで引越しが終わってから配線しようと思います。
けい | URL | 2008/03/25/Tue 23:36 [コメントを編集する]
>>rikkyさん
いいなぁ〜e-420
私にそのような技術があれば、工賃を支払わずに自分でできたんですけどね〜(ちょん切るところまではトライしたんですよ〜w)

その後のかしめ工具や皮むきを買わなきゃならない時点で、できなかった場合の損益が脳裏に浮かび、電気屋さんに任せた次第ですw
風トモ | URL | 2008/03/25/Tue 23:59 [コメントを編集する]
>>けいさん
けいさんもrikkyさん同様お詳しいんですね☆
その道に精通している人って男女問わずとても魅力を感じます^^

今までがADSLだったんで、とりあえず現状に満足しています。
コメントが一瞬で書き込まれる快感w

ケーブル交換は、余程現状に不満が出て来たらになるかと思いますが、CPUと同様、これ以上速くても私の用途ではオーバースペックになるかもしれないですね^^
将来は室内にも光回線が導入される時代が来るかもしれませんね〜^^
風トモ | URL | 2008/03/26/Wed 00:04 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/465-e2ef9b83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。