スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やって良かった~その1~「サンルーム」

モミジも開店

何かのつぼみのような状態だったモミジも葉が次々と開き始めています。
いよいよモミジらしくなってきました~(かえでとモミジの違いがわかりません^^;)

今日は家を見に来るご近所さんにも我が家にも好評なものとして「サンルーム」を紹介します。

【サンルーム】
洗濯干し場

■TOEX サンクスペース2
■TOEXのHP
  http://www.toex.co.jp/
ご覧のとおり、「サンルーム」とはいえ、実際は洗濯物を干すスペースとして使っています。
マイホームにより直射日光が当たりにくくなっていますが、ビニールハウスのような状態で物を干すよりいい感じで、乾きにくいということもありません。

サイズは広いほうが使いやすそうだったので、2間×9尺の最大サイズにしました。
特に奥行きを9尺にしたのは正解です。
洗濯機を置き、さらに物干し竿をかけるには奥行きが必要だったからです。
9尺の場合、3mの物干し竿を最大6本置くことができます。
D5saiko-w
「3mの物干し3本はいりました!w」
他に180センチの本棚資材×2なんかを積んでもこの余裕。
引越しの際もどれだけ重宝したことか^^D:5さいこーw


【洗濯機】
NW-D8HX
「日立 白い約束 NW-D8HX」

洗濯機は斜めドラムのものと最後まで迷いました(最新技術マニアなのでw)が、
 ・おそらく乾燥機能は使わないこと
 ・縦型の方が洗浄力に優れていること
 ・乾燥機が必要になったら別付けの乾燥機を購入すること
 ・洗濯物を取り出す場合に、腰をかがめて取り出すのが地味に不便だった
を理由に6万円のこの洗濯機に決定しました。
この洗濯機にも乾燥機能が付いていますが、サンルームは雨でも干せるので今のところ使ったことがありませんw
水道代が斜めドラムよりコストがかかるので、少しは電気代の節約になっているといいですね~


【サンルーム使用感】は続きで☆



(続き)
【サンルーム使用感】

サンルームにして良かった点は、
 ・ 雨や雪の日にも室外に干せる
 ・ 花粉や砂埃などが入らないで干せる
 ・ 鳥の糞などがない
 ・ 虫が入りにくいので衣類に付きにくい
など、直接的な衣類へのダメージの他、
 ・ 窓を閉めれば風が入らないので、洗濯物が飛ばない
という恩恵まで得られました。
これが結構便利で、
洗濯バサミ不要
ご覧のようにタオルやネクタイ等を洗濯バサミで挟むことなく干せて楽との事です。
汚れの落ち具合はこんな感じ?(てけとーw)
もちろん、「引っぱリンガー」等の物干しアイテムは大活躍していますよー☆


このように干していても・・・
洗濯スペース確保
「洗濯スペースは広々」
下は土間で、横には流しもあるのでくつなども洗えます。
スペースは可能な限り広いほうがいいでしょうね。


【湿気対策】
「室内で洗濯物を干す」ということは、「衣類から蒸発する水分が室内に溜まる」ということです。
もちろんサンルームでも例外でなく、特に寒い時期の早朝などは結露が出ます。
これを緩和するアイテムはこちら。
欄窓
「欄窓を付けました」
欄窓を少し開けておくだけでも結露は起きません(網戸も付いてます)。
欄窓以外に換気扇のオプションもありますが、こちらの方が手っ取り早く換気できますよ~☆


【サンルームへの導線】
サンルームができたことにより、洗面場には洗濯機などがありません。
サンルームへの導線
「写真よりも多少は物が増えましたが、このように洗面所を更衣室としても使っています。

お風呂場(洗面所)で脱ぐ

そばの第2勝手口からすぐに洗濯場へ持っていく

洗ったらその場で干す

乾いたらタオルなどは洗面所内のタオル入れにしまう・・・

と、我ながらうまいこと導線ができたとおもってますw

他に、夜でも干せたり、カーテンを取り付け下着なども干せたりと、サンルームは皆さんに好評でした。
家を建てられる方もご一考を☆

クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : 家づくり日記 - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
サンルーム大活躍ですね!

花粉症なのでこの時期外に干すのは嫌だけど、室内に洗濯物が見えるのも考えものだし、うちも土地が広くて予算があったらサンルームみたいな設備ほしかったなあ。

予算がないのでふたスイッチの調子が悪い洗濯機をそのまま使っていますが、駄目になったらななめドラムにするか縦型にするか考えちゃいますよね。

自分も最新モノ好きなのでななめドラムにはかなり惹かれるんですが、縦型に比べると割高なのと風トモさんもおっしゃってるように「乾燥機能って本当に使うの?」っていうのがあります。ドラム式にしても大なり小なり皺にはなるみたいだし、だったら浴室暖房乾燥で乾かした方がいいのかもって思っちゃうんですよねー。あとは選択容量に比べて乾燥容量が少ないのが気に入らない点かな。これはドラムでも縦型でも一緒ですけどね。
うーん | URL | 2008/04/10/Thu 10:56 [コメントを編集する]
>>うーんさん(w)
サンルーム、うちも土地がなければ真っ先に削除される部分だったでしょうねー^.^
洗濯機とかも雨ざらしにならないですし、施工してよかったです^^

斜めドラムは、他にも使用する水の量が少ないので水道大も安くなるのがいいなーと思います。
うちも、「乾燥機能が必要ならば」と、後付の専用乾燥機が付けられるようにコンセントをもう一つ別につけていますが、今のところ自然乾燥をしています。
どのメーカーも乾燥機能に力を入れてますが、乾燥までやられるのが最近なのかな〜

風呂の水を使えば水道代もかからないですし、洗浄能力を極めた縦型を開発していく方が長い目で見るとロングセラーになる気がします。。。てか、欲しいですw
風トモ | URL | 2008/04/11/Fri 22:18 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/472-a1f96b1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。