スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビボードの紹介

今回は、着々と届きつつあるリビングのインテリアで、テレビボードを紹介します。

テレビボードは、
 ・ 50インチ薄型テレビが乗ること
 ・ 階段に干渉しないよう、50インチ以上の横幅があまりないもの
 ・ PS3、AVアンプ、DIGAなどが収まるもの
 ・ ソファーで映画を鑑賞するので、ローボードではなく普通タイプのもの
を考えて探しました。

テレビ台の予想図
「当時の設置イメージクリック拡大☆


テレビボード実際
「購入したテレビボード」
■朝日木材加工株式会社 
   ホームシアターJU-Mスタイル 「AS-JU1300-M-a」
■会社のHP
  http://www.asahiwood.co.jp/

ご覧のとおり、イメージどおりのサイズになりました^^

テレビボード横から
「横から見たところ」
ご覧のとおり、テレビ自体は薄いのですが、実際はそれを支える土台の幅が必要になります。
なのでボード購入を考える方は、必ず「~インチ対応」という部分を確認しておいたほうがいいでしょう。

テレビボードの後部には、コンセント入力1、コンセント出口2が付いています。
配線がゴチャゴチャしてますが、まだAVアンプやスピーカーなどを購入していないのでこのまま放置してありますw


テレビのふり角度
参考までに、テレビの首振りは最大このくらい振ることができます。
テレビが軽いので、首振りもめちゃ簡単です☆


テレビボードの引き出し部分
「フロントの引き出し部分」
中央部分に2つの引き出しがついています。
CDやDVDを入れるもよし、私は上段にコントローラーやあまり使わないリモコンなどを入れてますが、リビングラックがない状態なので、下段は何を入れようか今は考えていませんw

リビングラックを買いたいけど、その前にスピーカーを選ばないと・・・スピーカーを選ぶ前にAVアンプも買わなければ・・・
まだまだお金が飛んでいく~さらばお金・・TT

クリックありがとうです☆

スポンサーサイト


テーマ : 家具・インテリア - ジャンル : ライフ
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/479-f4a349ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。