スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングカーテンの交換

タイトルのとおり、リビングのカーテンを交換することにし、本日カーテンやさんへ注文に行きました。
理由は次の写真をご覧ください。

PZ800映りこみ具合
「PZ800映りこみ具合」
写真はビエラPZ800の、昼間映りこみ状況の写真です。

我が家のテレビは、リビングの南窓と正対する形なので、夜にカーテンをして観る場合はともかくとして、昼間にテレビを見るときはご覧のように光が反射します。
(念のために)これはPZ800のパネルの問題ではなく、どのテレビでも同じ状況になる現象です。
テレビを見ているときには画面に映像が映るので、さほど映りこみは気にならないのですが、ゲームや映画などで暗いシーンがあるときは映りこみが気になります。

この前取り付けたカーテンは、リビングのイメージに合う緑で選んだものですが、遮光性がなかったので昼間は光をある程度通してしまい、ご覧のレースほどにないにしろ映りこみを感じるのでした。
せっかく選んだ妻に悪いのと、確かにリビングに似合う色だったので我慢していましたが、連休中にPS3の「龍が如く参」をやっていると、夜のシーンなどで気になって気になって・・w
とうとう今日切り出したところ、あっさり承諾
価値観が正反対な妻もさすがに映りこみは感じていたらしく、遮光カーテンを買うことにしました。


【遮光カーテン】
遮光カーテンは、字の如く「光をさえぎる生地のカーテン」です。
普通のカーテンよりも厚みがあり波の形ができにくいので、お店の人も1.5倍ひだまでしかお勧めしないです(音楽室とかについていませんでしたか?w)。
色合いも若干地味になるし、手触りもなんとなく重い感じなので、好んで選ぶ人は少ないかも。

それでも効果は絶大で、夜勤なんかで昼間まで寝ることやぐっすり眠れる暗さを考慮した我が家では、寝室、子供部屋はすべて遮光カーテンにしてあります。

遮光レベルは3級まであって、1級が最も光をさえぎります。
ただでさえ優柔不断なのでお店では選びきれず、カーテンを借りて家であわせて見ました。

カーテンあわせ
「左が柿色、右が薄うぐいす色」

光の通し具合
「光の通し具合が解るでしょうか?」
カーテン同士の隙間を少し詰めただけで暗さがUP!
これは期待できます^^

ずいぶん映りこみが!
「映り込みが、壁の方が目立つように!」
カーテンは3分の2程度しかかけていない(しかも大雑把w)にもかかわらず、画面の映りこみはご覧のとおり。
カーテンの光より室内の壁の方が反射しているようになりました。
実際は正面から見るので部屋壁は映りこまないのと、全部カーテンを閉めればより室内が暗くなるので、これで昼間に映画やゲームをしても堪能できることでしょう^^
また、実際はさらに一段濃い緑の防音・遮光タイプを選ぶので(優柔不断すぎるOrz)、カーテン自体の色もさらに映りにくくなることと思います^^

普段はレースで光を通し、本格的に映画やゲームをするときは部屋を暗くして・・目にも優しい(矛盾w)改善点でしたー☆


【おまけ】
今までのリビングカーテンは・・・?

サンルームで有効活用
「サンルームで大活躍!」
詳しくは次回の生地記事で☆(なんとなく予想できるかな?^^)


クリックありがとうです☆




スポンサーサイト


テーマ : 家具・インテリア - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/489-843b51df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。