スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝刈り機 ~実践編

文字色皆さんは、この前TVでやっていた「正しいスイカの切り方」観ました?
表面に種が浮いて、それを取っちゃえば後は中に種が入っておらず、「志村喰い」できる切り方です。

あれはいいですね~
個人的にノーベル賞あげたいです


さて、今回はいよいよ芝刈り機のインプレッション。
15万円近くかかった芝刈り機。はたしてその実力はいかに?


この芝刈り機は、ゴルフ場のグリーンのような5ミリにそろえることができるので、さっそく刈ってみましたが・・・


短けーよ
「これが五ミリです」
丸刈りに例えると「三厘」の世界。
ぱっと見、緑に覆われていた芝生がこうして短く切ってみると所々が枯れていました。
枯れている部分を緑がカバーしていたので気が付かなかったんですね。
5ミリの世界は、茂っていればかなりの魅力となりますが、まだ茂っていない状態ではここまで短くしない方が良いと思いました。

この調子で刈っていくと、はげはげの庭になってしまう予感がしたので、これ以後は高さを修正。
17ミリに設定しました。


子供も刈れる
「奥の5ミリとの差が解りますでしょうか?」
この芝刈り機は”自走式”です。
右にアクセルレバーが付いていて、それを握ると芝刈り機が自分で前進します。
なので力がない子供でも刈ることができ、手を放せばカッターの回転も止まるので巻き込みの事故はほぼ心配ないのではと思いました。
おそるおそる始めた子供も終いには楽しんでいました^^

気になるカッター回転音ですが、手押しよりはもちろんうるさいものの、エンジン式よりはかなり静かだと思います。
電気コードの取り回しが煩わしいのでは?と思っていましたが、面倒くささはあまり感じませんでした。

際の感じ
「際の感じ」
縁までボディーを一杯に寄せて刈っても、際はこのくらい芝が残ります。
ふたの部分は乗り上げても問題ありませんでした(1.7センチより低いからかな?)
際の部分は、はさみで切っていきましたが、かなり面倒です。
バリカンを買うと早く仕上がると実感しました。


【掃除機登場】

ブロアバキューム
「刈った草は、ブロアバキュームで吸い上げ」
このバキュームはかなり前に購入したのですが、ついに日の目を見ることができました^^

がんがん吸い込む
この袋にがんがん吸い込んでくれるので(小石も吸い込むパワー)、刈り取ったカスはあっという間に片づきました。
秋には枯れ葉を集めてくれる超おすすめ商品ですよ☆

短髪頭かんせい☆
短く刈ると、水をあげたときに芝生に水玉ができてキラキラ光ります。
芝生の色も明るくなりますし、水あげの楽しさがUPしますよ^^

伸び放題
「前回」

今回の芝生
「今の状態」

日焼けがてらの趣味が一つ増えました☆
まだまだ未熟ですが、これからうまくなっていこうと思います^^


クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
たしかに縁の部分は難しそうですね。バリカンっていうのはこの芝刈り機のアタッチメントなのかな?
アタッチメントがあるなら楽そうですね〜。

そ、それにしても15万もするんですか!
芝刈り機って高いんですね〜。
けい | URL | 2008/08/06/Wed 22:48 [コメントを編集する]
>>けいさん
”バリカン”は、その名のとおり、ハンディタイプの草刈り用バリカンです。
アイロンみたいな形をしていて、際を刈るのに適しています。
これに掃除機のようなポールが付いて、立ったまま際刈りもできるタイプがあるので、そちらにしようかなーと考えてます^^

エンジン式の芝刈り機ですと、30万円くらいするものもありますよ〜。しかも燃料費が高くなってますし・・・
農業をやられている方の大変さを垣間見ました^^;
風トモ | URL | 2008/08/07/Thu 23:04 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/536-bba2ef52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。