スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全身筋肉痛

昨日は、”通勤用”マウンテンバイクで悪路挑戦をしました。
おかげで今日は全身筋肉痛ですw

今までの自転車じゃ、カゴの中の荷物が踊り食い状態になるような凸凹道を、平然と走ることに驚き、その走破性がいかがなものか試したくなったのでした。

草道
まずは草道に挑戦。
普通の自転車だと、カゴの荷物は飛び出してしまうような凸凹です。
結果、「何ともなく走りますねーこれ~」状態でしたw
正直、MTBがこれほどの走破性を秘めているとは思っていませんでした。なめてましたw
カゴの中の荷物もあまり暴れることなく、また24段変速のため漕ぐ力も楽々進みます。
惚れ直しましたw

あまりに楽勝だったので、木曽川の堤防道路へと向かいました。
堤防の土手
写真じゃ大したことありませんが、結構急でした。
ちなみにここは、許可があればD:5でも下ってみたい場所なんですw
斜めに下っていっても面白くないので、一気に垂直に駆け下りてみました。

余裕~w
やっぱこの程度の凸凹じゃサスもあぐらをかいているようですw

今度は逆に、土手を上ってみます。
WARPはリアサスがロックできないので、立ちこぎをするとフワフワ上下に弾んでしまい、うまく後輪に力が伝わりません。なので、サドルに座ったまま坂を登ります。。

よく登った、俺w
ギアを1段にチェンジ。
普段じゃチェーンが外れたの?ってくらい軽すぎて使わないシフトを使い坂道を上り出す。
・・・ん?登る登るーーー!!
最後の写真の場所で更に角度がきつくなり、さすがにここから登る技術はなかったけど、ここまではあまり踏ん張ることなく登ってくれました。
家に電動アシスト自転車が一台あります。
「こぎ出しや坂道が楽」なのが売りですが、MTBは電動の力が無くても様々なギアがあります。
電動アシスト車よりも楽なことを実感しています。
こういった草道じゃ登っていかないでしょうしねw
もっとも、MTBは、荷物を載せるカゴや泥よけが付いていませんので、一長一短。
そういった通勤スペシャルなMTBがでたら受ける気がします^^
(ギアチェンジ付の電動アシスト車はすでに生産されているので)


帰る前に土手の反対側を覗くと・・・
おもろそうな道
「河原道発見」


ぬぉおおおお!
このおおおおおおおお!!おちろーーーー!
・・・さすがにこの道は無理でしたw
D:5やバイクだと行けるんですけどねー

タイヤが滑るのと、川石自体が崩れてしまうため、ちゃんとこぎ出せないんです。
仕方がないので(てか、にっちもさっちもいかなくなりw)ここでは担いで歩きました。
MTBは軽いので楽ですね~♪(ほれぼれw)

泥道も走破!
「その横は泥道」クリック拡大☆
なんとマッド走行まで体験できました☆
こちらは、タイヤの凸凹溝が泥で埋まってスリックタイヤのような状態になるとずるずる滑りますが、ギアを合わせれば前に進むことができました。
もっといいMTBやタイヤを履くと、走破性が更に高くなるのかな?


と、いろんな悪路を楽しむことができて、ますます頼もしく感じたマイMTB。
シートやグリップを換えてより快適にしていきたいです☆

クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/619-39c59c35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。