スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供が再入院

「塞翁が馬」
私は人生、そのように思い、そのように受け止めて暮らしている。
一度の人生を授かっただけでも幸せと思い、悲しいことも苦しいこと、それら全てを否定せずに生きていくのが自分の生き方。
脳天気 と 楽天家 の違いはそこかな^^


この前ようやく退院した息子が、今度はヘルニアになってしまいました。
泣いたときにお腹に力を入れると気がつくんですが、下腹部のあたりに金玉のような大きさの膨らみがあることに気がつきました。
最初は「金玉が中に上がったのかな?」と膨らみを押してみると引っ込んだので、気にはしなかったのですが、翌日にも同じような膨らみが出るというので病院で見てもらったところ「鼠径ヘルニア」という症状であることが分かりました。

足の付け根の「鼠径部」という部分に、腸などの臓器の一部が飛び出す先天性の状態とのことです。
自然に治る場合もありますが、大人でも突然なったりすることがあるそうで、今では後になって出てくるのを防止するため早めに手術を行うとのこと。
放っておくとそこの部分が堅くなって、激しい痛みを伴うみたいです。

せっかく免れたと思った手術は、結局免れませんでした。
また来週以降に入院です。愛知県では小児外科の病院が少ないらしく、別の病院を紹介してもらい、また少しの間妻と息子は入院となります^^;
またショックで泣く妻ですが、手術は穴を塞ぐだけの手術らしいので、それだけで済んだと思った方が良いと思いました。
「健康でいること」って当たり前じゃないと常々感じます^.^
どうか無事に育ちますように!(-∧-)


クリックありがとうです☆
スポンサーサイト


テーマ : 生きる - ジャンル : ライフ
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
大丈夫ですよ。
うちの息子は鼠径ヘルニアではありませんが、
2歳の時におちんちんのトラブルで手術しました。
その時の入院で同室した赤ちゃんや小さな子供達は鼠径ヘルニアでした。

まだ物心つく前の手術なので記憶には残りませんし、
どの子も手術後、3〜4日で退院していきました。

風トモさん!奥様を元気づけてあげてくださいね。

無事、手術が終わりますことを心からお祈りしております。

step | URL | 2009/07/03/Fri 21:35 [コメントを編集する]
>>stepさん
ありがとう〜^^
健康って貴重ですねー。
でも、これだけ入院すると、家族の者もなれてきますね^.^;
今回は簡単な手術らしいし、ちょっと安心しています。

一つ一つ進んで行かなくてはなりませんね^^b☆
風トモ | URL | 2009/07/04/Sat 21:18 [コメントを編集する]
頑張って!
それはまた災難でしたね。
妻の友達の子供も同様の症状で手術をしておりまして、彼女も予後は順調のようです。
それほど珍しくは無いという話をその時聞きましたが、やっぱり親としては手術はできるだけ避けたいですよね。

とはいえ、早く治してしまった方が後々良いらしいので、息子さんの手術が無事終わるように願っています。
rikky | URL | 2009/07/05/Sun 06:57 [コメントを編集する]
>>rikkyさん
ありがとうです^^
簡単な手術とはいえ、心配ですよね^.^
でも、このままだと大人になってからもなる可能性もあるらしいですし、rikkyさんのおっしゃるとおり私も手術でしっかり治してもらいたいなと思いました。
しかし、この症状も何十人かに1人の確率と聞くので、よくもまぁ重なるものだなぁーと。宝くじも当ててほしいです^^
風トモ | URL | 2009/07/05/Sun 09:08 [コメントを編集する]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/712-61341955
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。