スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯落とす

いつものようにバイクで気持ちよく堤防道路を走行中、左カーブを曲がっている最中にふとももからズルズルと異物が動いた。
異物感がなくなったのは、それに気づいてから1秒あるかないかの瞬間であったが、その直後後ろで「カラーーん」という音が。。。したように感じた。

・・・気のせいか・・・ん?この違和感・・・はっ!!

いぜん同じようにコーナーリング中、財布が落ちた時があったのを思い出し、すぐさまバイクを左に寄せてかばんを確認。
思ったとおり、かばんの中にはスマホがない。
ポケットやシャツの胸ポケットにも入っていない。

やっちまった。
そう。普段はかばんの中に入れるスマホをたまたま左のズボンに入れ、それを忘れていたのだ。

バイクで落としたコーナーを何回か往復。
対向車線まで滑っていないかも確認したが、どこにもない。

仕方なしに、堤防の土手に立ち入り、草の中を掻き分ける。
しかし、ない。

あっ!

ふと、「宇宙兄弟」のアニメの中で、砂漠で宇宙訓練中にチームメンバーがスマホを落として探す話を思い出した!!

 暑い砂漠の中、何キロも歩いてばてばての状態。ほかのチームより遅れていて、時間もロスできない。
主人公は、探しにいこうとせず寝てしまい、ますます猜疑心を深める落とし主。
 ところが、夜になると主人公が落とし主に対して「さあ、探しに行こう」と声をかける。
道を戻ると、だだっ広い砂漠に着信が光る携帯がSOS信号のように光っていた。。
見上げれば満天の星。これを機に、メンバーは主人公を信頼するようになった。

って話。
夜までまち、拾われていないことを祈りつつ、草むらを探すと、思ったより遠くのほうで光るスマホを発見しました。

宇宙兄弟万歳~~w

てか、落とさないようにしなきゃ^^;

スポンサーサイト
この記事への感想(皆で記事について語り合いもOkです☆)
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://windmind.blog93.fc2.com/tb.php/812-07cbaef2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。